経済

日本経済協議会委員、地域の最低賃金引き上げを提案

財政経済政策委員会の民間部門のメンバーは、最低賃金引き上げを通じて地域経済を活性化することを政府に促すと消息筋は金曜日発表した。

菅義偉首相が委員長を務めた評議会の月曜日の会議で提案された提案では、メンバーは、賃金引き上げが人々の仕事に対するモチベーションを高め、企業がより多くの人数のおかげで売り上げが増加すると主張するでしょう。 と述べた。

最低賃金が全国最高水準である東京が1013円であり、下位7つの県792円に残っている状況を考えると会員たちは格差を狭める必要があると言う。 下位7つの県は秋田県、高知県、大分県、沖縄県、佐賀県、島根県、鳥取県です。

月曜日の会議でメンバーは、対面や現場業務を強調する規定を完全に検討し、政府が農村地域のリモート勤務を促進するように促すことになります。

また、他の地域活性化対策として、彼らは多くの地域で急激に増加している捨てられた住宅を含む空の住宅のためのデータベースを拡張して2回目の住宅を探している人は、より簡単に見つけることができようにすることです。

新型コロナウイルス感染症で、海外観光需要が急増して深刻な被害を受けた中小企業と農民を支援するために、会員は商品輸出支援の重要性を強調しています。

また、大学の研究力の強化のために、10兆円の基金を造成する予定の政府の専攻大学だけでなく、地域の大学も改革してくれることを要請する。

これらの要求は、ウイルスの危機のために労働市場がより劣悪な非正規職のサポートも含まれています。

具体的には、研修、給与の月収入限度額を8万円で120,000円で上げる臨時措置として永続化を推進します。 これにより、より多くの助けが必要な人が無料の職業訓練と毎月10万円の利益を得ることができます。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  新型「未来」のドレスアップ車がARで登場などモデリスタ/ TRD "仮想東京オートサロン2021」の特別イベント開催 - Car Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close