経済

日本経済収縮、しかし思ったより少ない割合 – 104.5 WOKV

東京 — (AP) — 日本経済が第1四半期に萎縮したが、以前の予想よりも遅い速度で縮小されたと政府が水曜日に明らかにした。

内閣データによると、世界で3番目に大きい経済は年率0.5%に萎縮した。 これは5月に発表された日本の実質国内総生産(GDP)暫定推定値である1.0%減少より低い水準だ。

年間割合は、四半期ごとの割合が1年間続くと、経済がどのように成長したかを示しています。 日本の1~3月経済は前四半期比0.1%萎縮し、暫定データの前四半期比0.2%萎縮より良好でした。

消費者支出やその他の民間需要は、以前考えていた以上に強力でした。

アップレギュレーションはアナリストにとって楽しい驚きでした。

Robert Carnell INGアジア太平洋地域のリサーチ責任者は報告書で「今後民間消費の改善でGDPが第2四半期に反騰すると予想するが、原材料インフレが高く実質利益が制限されるだろう」と述べた。 。

COVID-19感染を抑制するために課された制限が解除され、観光客に国家が再開されると予想されることも成長を促進するでしょう。

否定的な点では、ほとんどすべての石油、多くの食品、様々な製品を輸入する日本は、部分的にはウクライナの戦争のためにエネルギーやその他の原材料価格の上昇で大きな打撃を受けました。

日本は長年にわたりデフレや物価の下落を防いだ。 低賃金成長、高齢化、人口減少は経済活動を鈍化させ、企業投資を萎縮させました。

日本銀行(BOJ)黒田春彦総裁が最近、日本国民の間で「物価上昇に対する寛容」に言及したことについて火曜日謝罪した。 黒田は、議会で自分の発言が不適切だと議員たちに語った。

黒田はゼロに近いインフレを約2%まで引き上げることを目指す政策を支持したが、ここ数ヶ月間、国際原油価格やその他の原材料価格が急上昇するまで進展が進んだ。

一部のアナリストは、日本がイノベーションを育成し、旧時代の官僚主義にとらわれた新たな成長動力を確保するために十分な努力を払っていないため、徐々に競争力を失ったと述べています。

懸念の一つは、現在20年の最低値である米ドル当たり約133円で取引されている円価の急落です。

アナリストらは、円安が日本の輸出業者にとって利益となり、海外の収益価値を高めますが、円安は景気の弱さを反映していると述べています。 金利がゼロに近い日本に比べて米国など他国の金利引き上げは当分円安を維持する可能性が高い。

岸田文夫首相はいわゆる「新資本主義」を推進している。 彼は今週、デジタル化、国防支出、創業ベンチャー、持続可能なエネルギーを推進し、成長を加速することを目指す戦略の概要を発表しました。 彼はまた、英語で「Invest in Kishida」と宣言し、投資を誘致しました。

日本の最長の指導者である安倍晋三元首相は、インフレを促し、成長を促進するための非常に容易な融資に焦点を当てた「アベノミクス」を推進しました。 一部の批評家は、アベノミックスが強力な経済建設に失敗し、その落とし穴が現在円安の原因の一部であると述べています。

___

影山ガラスはTwitterにあります。 https://twitter.com/yurikageyama

READ  大型車の車輪脱落事故が2019年度に112件国交省が安全啓発ビデオ公開 - Car Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close