経済

日本経済扶養策2650億ドル突破、新たな負債が必要 – 刑務所

2017年6月1日に撮ったこのイラスト写真から日本円紙幣が見えます。 REUTERS/Thomas White/Illustration/File Photo

東京、11月8日(ロイター) – 日本がコロナ19ファンデミックによる苦痛を緩和するために30兆円(2650億ドル)以上の景気扶養策を検討していると刑務所通信が報道した。

支出の一部は昨年の予算から繰り越された資金から出てくると、刑務所は日曜日遅く報告した。

岸田文夫首相のいわゆる新資本主義の青写真を作成することを引き受けた政府パネルは、月曜日に計画された景気扶養策の根幹となる提案を発表すると予想される。

世界で3番目に大きい経済は、強力なグローバル需要のおかげで、コロナウイルス感染症の昨年の初期の打撃から外れていますが、急激な原材料価格とグローバル供給不足で継続的なリスクに直面しています。 もっと読む

岸田首相は今月大規模な景気浮揚策を設けると約束し、政府は年内国会通過を目指している。 しかし、キシダは正確な支出規模と追加負債額を指定していない。

日本執権連合の後輩パートナーである小明人は、月曜日の岸田政府に子ども一人当たり10万円の現金支給など計2兆円の費用がかかるなど、経済支援措置を取ってくれることを請願した。

竹内悠留コメイト政策局長は、首相官邸でこの計画を提出した後、記者たちに「受け取る人と受け取らない人との間に差別があり得ない。子供たちは平等だ」と話した。

Komeitoの提案はまた、政府に個人識別のための「マイナンバーカード」がある限り、個人が資格のある30,000円相当の消費ポイントを市民に提供することを要求しました。

一部のアナリストは、提案が効果的であるかどうか疑問に思いました。

ノリンチュキン研究所の南武志先輩エコノミストは、政府がすべての子どもに現金支払い提案を推進すれば、一部の家具はお金を使う代わりに貯蓄に追加することを決めることができると述べた。

南は「短期的に経済に大きな影響を及ぼすとは思えない」と警告した。

政府は特に打撃が大きいサービス部門の消費支援を目指す景気浮揚パッケージに他の措置を含めようとした可能性が高く、一部のアナリストはこのサービスが今後数ヶ月間経済を支えるものと期待しています。

パッケージに含まれると予想される項目の中には、国内観光振興キャンペーンの再開と大学研究のための10兆円基金実現段階があると金曜日、産経新聞が報じた。

パッケージ費用を支払うために、政府は2020年度の決算残高約4兆5000億円とその会計年度から繰り越されたその他の未使用資金で10兆円以上を使用するとみられ、三池はもはや不足部分をカバーすることができるあると言いました。

政府は2022年4月から次の会計年度の経常予算とともに今年の追悼予算を合算15ヶ月予算に編成して資金を円滑に調達する計画だと新聞は伝えた。

($1 = 113.3500円)

Yoshifumi Takemoto、Daniel Leussink、キム・チャンランの報告。 Gerry Doyle と Muralikumar Anantharaman 編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  ラテンアメリカのインフレの脅威は、より多くのハイキングを刺激します:エコウィーク

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close