日本経済部プロジェクトチーム、書店を地域社会の文化的出会いの場にする努力

Estimated read time 1 min read
読売新聞
中欧と東ヨーロッパの編集者たちが3月4日、京都市下京区のある書店の雰囲気を楽しんでいる。

経済産業省は3月5日、経済部長官直属で書店を地域社会文化振興の拠点にするための事業団を設けた。

全国的に書店数が減り続けており、事業団の支援計画に関係者の期待が大きい。

プロジェクトチームは、具体的な支援案を設ける際に本虫だけでなく、本をほとんど読んでいない人にもアピールできる方法を模索しなければならない課題に直面することになります。

円卓会談

事業団の構成に関連して、林正正官房長官は2日記者懇談会で「地域社会の書店は様々なコンテンツに触れることができるところでおなじみだ。 私は人々の創造性を育む文化を創造する基盤としての重要性を認識しています。」

このプロジェクトチームは、経済省と他の組織構造との間の内部境界を超えて活動します。

今後、プロジェクトチームは書店と懇談会を開き、彼らの意見を聞く予定だ。

プロジェクトチームは、書店とカフェが結合されているように、本を読みたい魅力的な空間を作る模範的な経営事例を共有しようとする。 書店管理者からのリクエストも聞くことになります。

書店の広報は出版社にも大きな影響を与える。 「書店が減り、単行本や雑誌の売上も減った。 出版社に打撃になった」と話した。 「私たちは助けを歓迎します。」

ピークシーズンの40%以下

今回の支援は、実物図書販売不振と全国書店数の継続的な減少により期待が大きい。

出版研究所によると、2023年の紙本と電子書籍の合算市場規模は1兆5,963億円だった。 単行本規模だけでも1兆612億円で最高頂点だった1996年の40%にも及ばなかった。

実際の書籍のビジネスモデルは、低マージンと高い回転率です。 書店の収益マージンは売上の20%を少し超えるほど小さいです。

昔は雑誌、文庫本、漫画などの販売が書店を支えてきましたが、インターネットの広がりやオンラインビデオストリーミングなどエンターテイメントの多様化とともに、オンライン小売業者の登場により、このような事業構造はもはや実現不可能になりました。

日本情報公開発行出版機構によると、2022会計年度全体の書店数は1万1千495個で、2013会計年度に比べて約4千100個減った。

それにもかかわらず、地域住民は依然として書店に対する強い愛情を持っています。

大型書店チェーンの八重洲ブックセンターが去る2月10日、東京都杉並区JR浅草屋駅近くに新しい支店をオープンした。 以前の借受人は40年以上運営してきた書店で、昨年11月に開店を宣言した。 ドアを閉めます。

近所の書店が消える危機に直面すると、八重洲図書センター佐藤和弘社長が空の敷地を買い入れることに決めた。

同社の新しい350平方メートルの大規模な浅間支店は、毎日多くの顧客が訪れています。

八重洲図書センターでは今後も読書イベントを開催する予定です。

大阪府では、扉を閉めるようになった書店の経営を小説家の今村祥子が引き受けた。

彼は現在、大阪府美濃と佐賀市に2つの書店を運営しています。 彼は運営経験をもとに「今、本だけでなく様々なコンテンツにも触れることができるようになった。 本屋経営は夢だけではできません。 書店の創業を希望する人々に経営を教えて助けることができるシステムがあればいい」と話した。

東京都港区には森ビルが開発中の複合ビル六本木ヒルズと麻布台ヒルズが書店を借りて収容している。

モーリビル関係者は、現場調査で訪問客が団地に欲しい施設に書店を頻繁に挙げたと話した。

書店のマージンは低いですが、書店の存在は、ただのスタイリッシュな印象と新しい地域コミュニティの形成に貢献することができます。 したがって、会社は書店の家賃を低く保ちます。

機会創出

今日、日本では習慣的に読書を楽しむ人の数はあまりありません。

文化庁が実施した日本語世論調査によると、2018年一ヶ月間本を一冊も読んでいない人の割合は47.3%に達した。

しかし、子供たちの間では、本の読書を楽しむ傾向が広がっている。 学校図書館協会の調査によると、2023年5月に小学生1人が1ヶ月平均12.6冊の本を読み、その数値は小幅増加した。

出版学の専門家の上村康夫(センシュ大学)教授は「大人が幼いときに読書を身につけた後、どのように読書を実践し続けるかが重要だ」と話した。 書店も新しい本を売る場所ではなく、本を読んで止まった人々がイベントのような努力を通じて再開できる魅力的な場所になることを願っています。」

書店を支援することは、文化への関心を高め、社会の知的創造性を高めるのに貢献する必要があります。

READ  グローバルマイクロチップ不足によるニッチ事業の活性化
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours