日本経済:四半期成長データの上方修正後の景気後退防止

Estimated read time 1 min read

コーンアキオ/ブルームバーグ/ゲッティイメージズ

日本群馬県太田市にあるスバル工場の生産ラインで、従業員が車両を組み立てている。


東京
ロイター

日本経済は前四半期比10月から12月まで年平均0.4%成長し、当初予想値0.4%減少より良い水準だと月曜日、政府資料が明らかにしました。

内閣府が発表した国内総生産(GDP)修正数値は、ロイター世論調査で経済学者が予測した1.1%増加中央値と比較された。

新しいデータは、現在ドイツに続き、世界4位の日本の経済が工場や機器に対する企業の予想よりも多くの支出のおかげで技術的不況を避けたことを意味します。

四半期ごとに、GDPは初期の0.1%の下落と0.3%の上昇の中間予測と比較して0.1%成長しました。

資本支出は前四半期比2.0%増加し、政府が発表した暫定値0.1%減少よりは良くなりましたが、市場予測の中央値である2.5%増加には及ばなかった。

今回の上方調整は、日本銀行が早ければ今月初めにマイナス金利を撤回できるという市場期待が大きくなる中で出たのですが、これは最近理事会メンバーたちの売派的傾向に部分的に力を入れたものです。 コメント 日本は中央銀行のインフレ目標である2%に向かって進んでいるということです。

BOJは3月18日と19日の2日間の政策決定会議を開く予定だ。

一方、日本経済の約60%を占める民間消費は10~12月0.3%減少し、当初の見通し0.2%減少より小幅下落した。

先週、日本ではインフレ調整が行われました。 実質賃金 1月には22ヶ月連続減少傾向を見せたが、前年同期比 家計支出 同月には35ヶ月ぶり​​に最大の下落幅を記録した。

外部需要は実質GDPに0.2%ポイント寄与したが、暫定値と変わらなかった。

READ  切迫した中国は切迫した措置を取るのだろうか?
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours