経済

日本総選挙と脱炭素化の未来

日本が新政府を選出するために総選挙を控えている中、執権自民党と野党は脱炭素化をエネルギー政策の核心争点として打ち出した。 両方の陣営は再生可能エネルギーの使用を支持していますが、日本のエネルギーミックスにおける原子力の役割は依然として議論の余地があり、自民党と野党は原子力に対する議論の両側に立っています。

経済産業省(METI)の最新エネルギー基本計画草案は、日本の原子力エネルギー比重を高めることを提案し、アマリ・アキラ自民党事務総長と高一サナエ政策研究委員会議長は共に2019年に新規原子力発電所の建設を述べました。 近い将来。 最近 世論調査 脱炭素化を達成するための原子力の重大な決定に対する公衆の両面性を示唆する環境政策を選挙議題の下部に配置しました。 中 第6次エネルギー基本計画 まだ承認されていない状態で、自民党の中原の勝利は、日本のエネルギー政策の方向性と原子力の炭素中立目標を設定することになります。

去る10月、菅吉秀氏元首相が執権したとき、彼は日本の温室効果ガス排出量を2050年までゼロに減らすと約束しました。 しかし、炭素中立経済への転換を促進するためには、日本が化石依存性を大幅に減らさなければならない。 燃料と原子力の支持者は、これをエネルギー事業から自分の分け前を回復する機会と見ています。 彼らは、太陽光などの再生可能エネルギーが不安定な電気源であり、原子力エネルギーが最も費用対効果が高く、持続可能な経路であると主張しています。 スガの公約は、日本の温室効果ガス排出を抑えるための手段として安全と考えられる原子力発電所の再稼働を推進している新しく選出された自民党代表であり、現首相の岸田文夫(Kishida Fumio)に引き継がれました。 一方、日本最大の野党である立憲民主党(CDP)は、原子力を放棄して再生エネルギーに転換して炭素中立社会を実現すると公約した。

炭素中立経済への転換を促進するために、日本は化石燃料への依存度を減らさなければならず、原子力支持者はこれをエネルギー事業から自分の分け前を回復する機会とみなします。

原子力は1950年代に「夢のエネルギー源」として日本に導入されました。 原子力振興のための努力の一環として、安価な電気が必要な企業のために原子力技術専門学者たちによって、いわゆる「核村」が建てられました。 これを管長する政府機関は、通常産業部(現経済産業部)と教育部だった。 長年にわたり、原子力村は技術的優位性を強調し、潜在的なリスクを軽視することによって安全の認識を成功裏に確立しました。

しかし、2011年3月、福島原発事故で安全な原子力に対する認識が大きく揺れました。 事故後、日本のすべての原子力発電所は2014年までに閉鎖され、21の原子炉が完全に廃棄されました。 現在、5つの原発の9つの原子炉だけが再稼働しており、原子力エネルギーは日本エネルギーミックスの4.3%に過ぎません。

シュガー政権でMETI傘下の天然資源エネルギー庁は草案を作成した。 第6次エネルギー基本計画 草案は、2050年までに炭素中立経済を達成するための方法で、2030年までに温室効果ガス排出量を46%削減することを要求しました。 再生エネルギーの36〜38%の間。 2020年度には、再生可能エネルギーは日本の電力シェアの約20%を占めました。 一方、METIは既存の基本計画で示したように原子力エネルギーの比重を20~22%に維持している。

しかし、この計画は再生可能エネルギーへの推進と一致しません。 まず、省庁は2020年7月に電気のバランス容量市場の新しい計画を導入しました。 しかし、これらの市場メカニズムは、再生可能エネルギー源を奨励する企業を落胆させ、非効率的な石炭火力発電所への依存を拡大し、最終的に炭素中立社会への移行の基本原則に矛盾します。 小野太郎が行政改革の代わりに任命したタスクフォース(TF)と4人の再生可能エネルギー民間部門の専門家は、2020年12月に経済産業省の関係者と約23回の会議を開き、電力収支容量市場を中断しなければならない。と主張した。 再生エネルギーに最優先事項はありません。

GONOは、タスクフォースの調査結果に基づいて既存の市場メカニズムを中断または少なくとも大幅に修正するようにMETI関係者に繰り返し要求しましたが、提案されたエネルギー基本計画の最終草案には市場システムの変更についての言及はありませんでした。 タスクフォースとコノの要求 – 結果として、METI管理者に計画を承認するための内閣決定に署名しないと述べたコノ。 しかし、後にMETI関係者がコノとの会話を録音してタブロイド誌に流出するスキャンダルが発生しました。 Weekly Bunshun、彼の意見があったところ 権力嫌がらせとして描写 9月の自民党大統領選挙直前。

提案された基本エネルギー計画の2番目の問題は柔軟性です。 現在のレベルで原子力エネルギーの比重を20〜22%に高めるには、新しい原子炉の建設が必要です。 Konoは、将来の原子力エネルギー依存性を減らすために、再生可能エネルギー源の将来のシェアを「36〜38%以上」に変更するようにMETI管理に依頼しましたが、彼の提案はMETIによって再び無視されました。

3番目の問題は、1キロワットの電気を生産せずに半世紀以上開発している核燃料サイクルプルトニウムベースのプログラムです。 青森沿岸の六ヶ所にある核燃料再処理工場は、建設に2兆3千億円という莫大な費用がかかり、世界で最も高価な工場の一つになると予想されますが、高速増殖器の商業化は8回遅れて現在予定されています。 。 2003年までに、多くのMETI関係者がRokkasho工場を維持管理し、利用可能な施設に発展させるために40年にわたって19兆円かかると述べたが、基本的なエネルギー計画は依然としてプログラムの継続を要求していました。

スガは辞任し、コノはもはや内閣にいなくなったため、キシダ政権は総選挙後にMETIが提案した基本エネルギー計画を承認し、原子力復帰を発表する可能性がある。 今週末、ほとんどの有権者はエネルギー政策を最優先とは思わないかもしれませんが、これは日本のエネルギー政策の未来にとって重要な分岐点になる可能性があります。




READ  奇妙なニュース検挙:暗号通貨の助けを借りて日本に輸出されたコロンビアカブトムシ。 コロンビアカバのための避妊法:避妊用ダーツなど

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close