日本航空、ボーイング777 200ER運航中断入札 – BW Businessworld

1 min read

日本航空(JAL)は、2023年11月12日に予定されているボーイング777-200ER便に別れを告げ、航空機への段階的な退役計画が完了しました。 長期勤続者を称えるための憲政式はすでに10月26日に行われた。

最後の旅行は航空会社の最後の残りのボーイング777-200ER、登録番号JA703J(msn 32891)によって行われ、東京羽田と沖縄那覇の間の最後の商業往復旅行を行いました。 2003年にJALに引き渡されて以来、20.8年にわたって優れたサービス記録を保持しているこの航空機は、ビジネスクラスセクションの26席を含む最大312名の乗客を収容できる座席数を誇っています。 主に羽田から運航され、東京と沖縄那覇、札幌千歳、名古屋中部、福岡を結ぶ国内線の固定便でした。

日本航空は当初、ボーイング777-200ER 11台を運営したが、プラットアンドホイットニーPW4000エンジン問題に関連する懸念により、B777-200とB777-300とも2021年4月まで退役を完了した。 特に、航空会社の現在のボーイング777航空機は、13機のB777-300(ER)で構成されています。

さらに、ボーイング777-200ERの退役スケジュールは、厳しい台風シーズン中の運用継続性を確保するための戦略的な決定で、2023年9月から11月に延長されました。


READ  台湾に対する日本の経済的利害関係の再調整
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours