トップニュース

日本航空、全日制の代替燃料としての初飛行運航 – AirlineGeeks.com

日本航空、全日制の代替燃料として初飛行運航

日本航空は、リサイクル綿素材を使用して、独自の新しい燃料のタイプを使用して最初の飛行を開始することにより、航空燃料の将来のために十分に文書化された推進を続けています。 衣類や灯油を混合して作成された燃料は、JL319機内で使用されており、この燃料は、東京 – 羽田から午後1時に出発して、福岡まで2時間の飛行しました。 飛行はボーイング787-8ドリームライナーと呼ばれる伝統的な航空機を使用して行われました。

JALの場合、代替燃料を探している努力は、2018年にさかのぼるプロジェクトから来ました。 航空会社は、Green Earth Institute Co. Ltd. と地球の革新技術研究所(RITE)と一緒に衣類の切り替えプロジェクトを開始しました。 このプロジェクトではGreen Earth Instituteは、廃棄された衣類25万件を保有している50以上の日本企業への技術支援を提供し、これを裏返し燃料転換を開始します。 この変化は、2020年3月に環境に配慮し、航空等級燃料の最初のサンプルを生成することができたRITEによって実行されることです。 全体のプロセスは、日本の内部に含まれ、日本では航空会社としての環境的圧迫に縛られています。 日本初の100%代替燃料です。

新しい燃料プロジェクトは、日本の国籍航空会社が数年の間に投資してきた環境中心のプロジェクトの長い文字列を続けます。 これらの航空会社は母国環境省の目にEco-First企業として認められており、米国の生物多様性の10年のサポートメンバーです。

航空会社が参加したプロジェクトの中でSustainable Aviation Fuelイニシアチブの最初の主要なマイルストーンは、2009年に開始された。 Carrierは非食用原料を含むアジアでの代替燃料を使用する最初の航空会社であり続けて他のSAFの便を作成します。 2017年シカゴ・オヘアと東京 – 成田間と2019年に二回、フランストゥールーズで東京 – 羽田にエアバスA350の最初の引渡しを含んでいます。

このような過程で、可能な限り日本人が参加するようにすることが常に推進されたが、航空会社は、新しい航空等級のブレンドを開発するために、外部の助けを受けました。 日本航空は、交通や都市開発のための日本の海外インフラ投資公司と戦略的に合意して、米国に拠点を置くカリフォルニア州のFulcrum BioEnergyを活用して、通常の埋立地積載量を持続可能な航空燃料に転換する加工工場での作業しました。

航空会社によると、ネバダ州に拠点を置く最初の工場は、近いうちに開場日を予想してまだ建設中です。 このプロジェクトは、すでにインディアナ州で第二の位置を追求しながら、より推進された。 JALグループは、目標北米持続可能な燃料工場を保有し、日本の長距離飛行に燃料を供給するために、この工場に依存していると言います。

日本航空は初飛行を終えた後、衣類ベースの代替燃料の今後の計画を発表していない。 航空会社が今後の運営のための今後の燃料オプションに続く投資することにより、今後の追加計画が発表される予定です。

イアンマックマードツリー
Ian McMurtryの最新の投稿 (すべて表示)
READ  国内で新たに3263人の感染・死亡者56人、一緒に最多を更新 - 読売新聞

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close