スポーツ

日本航空の容量はCOVID抑制の中で需要を超えていると関係者は述べた。

SYDNEY(Reuters) – Japan Airlines Co Ltd(JAL)は、COVID-19の抑制により需要がファンデミック移転レベルの約40%に制限されているが、ファンデミック移転国際線収容能力の65%を運営していると航空会社役員が火曜日に言いました。 。

JALのアジア・オセアニア地域戦略研究副社長の秋吉浩口氏は、国内市場で航空会社はファンデミック移転容量の100%で運営されているが、需要はその水準の約80%だと述べた。

彼はCAPA航空センターのカンファレンスで「国内需要は他の多くの市場と同様に海外市場よりも早く回復した」と述べた。

日本の国際旅行需要は、観光客がビザを取得し、旅行代理店の予約をしなければならず、毎日入国者数に制限があるため、邪魔されています。

日本政府が国境管理をさらに緩和するため、一部の国で観光ビザ要件を免除する計画だと富士ニュースネットワークが月曜日報道した。

FNNは岸田文夫首相が早ければ今週の緩和を決定できると報じた。

日本はファンデミック以前に68の国と地域に観光ビザを要求していませんでした。

(Jamie Freedの報告、Clarence FernandezとGerry Doyleの編集)

READ  Manika, Sharath, World TT C'ships 絶食大会で脱落、Sathiyan、2ラウンド進出

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close