日本航空の衝突事故について知っておくべきこと

Estimated read time 1 min read

航空交通専門家たちは現在、日本海岸警備隊員5人が死亡した東京羽田空港で、航空機2台の致命的な衝突について調査を進めています。 世界の思考の詳細 3番目に大きい航空旅行ハブ まだ決まっていません。

現地時間で1月2日午後5時47分頃、羽田空港に着陸した日本航空飛行機が同じ滑走路を横切って移動中であることが知られている日本海岸警備隊航空機と衝突しました。 提供されるビデオビデオ ロイター Airbus A350-900が完全に着陸する前に、すでに炎が包まれ始めており、後に緊急救助員が火を鎮圧する様子を示しています。 日本公営放送によると NHK、対応チームは最終的に火災を鎮圧するために100台以上の消防車やその他の緊急車両が必要でした。 話す NBCニュース 火曜日に日本航空のある乗客は、煙が機内をいっぱいにしたときに窓の外で炎が広がることを目撃する前に、飛行機の下で大きな衝撃を感じたと説明しました。

津見忠之日本航空企業安全保安担当首席副社長は「飛行機が正常に滑走路に入って衝撃が加わる前に正常な着陸手続きを始め、今回の事故が発生したという事実をこれまで確認した」と明らかにした。 記者会見中。 「しかし、それ以上については調査が進行中です。」

衝突により海岸警備隊員5人が死亡したが、パイロットは生き残った。 エアバスA350-900に搭乗した日本航空の乗客367人と乗組員12人はいずれも、時間通りに安全に避難しました。

日本海岸警備隊が日本西部地域への配送供給のために航空機を計画しました。 地震に遭った 今回の地震は日本震度7.6を記録し、55人が死亡し、そのような大きな波は実現されなかったが、しばらく津波の可能性について懸念を呼び起こした。

岸田文夫日本首相は「彼らはしっかりした使命感に満ちていたし、彼らに起こったことは非常に残念で悲痛だ」と話した。 記者会見で海岸警備隊の犠牲者について話した。 航空会社の衝突後。 「遺族たちに深い哀悼の意を表します。」

米国航空安全監視団は 懸念の声を出す ここ数ヶ月間、空港でほぼ衝突が発生する頻度について話しました。 2023年8月調査 ニューヨークタイムズ ファンデミック以来、航空旅行が回復するとともに、慢性的な航空交通制御人材不足を潜在的な要因の一つに挙げました。

READ  ジェームズウェブ宇宙望遠鏡は、巨大な黄金鏡の最初の翼を広げました。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours