トップニュース

日本航空は20億を記録します。 4〜9月円純損失コロナファンデミック

日本航空は、火曜日のCOVID-19感染の7次波の間に旅行需要が一時的に反騰するのに苦労し、9月に締め切られた6ヶ月間に21億1000万円(1422万ドル)の純損失を記録し、3年連続赤字を報告しました。 国の中で。

しかしJALは5月のゴールデンウィーク連休期間中、国内旅行が好調を見せたおかげで、昨年同じ期間の1049億8000万円より赤字を大きく減らしたと明らかにした。

売上高は6185億2000万円で倍増した。

中国からの飛行がコロナ19のゼロ政策を追求し続けるにつれて、ファンデミック以前のレベルに戻るために苦労していましたが、同社は米国などの他の地域で反復することを望んでいました。

菊山秀樹(Hideki Kikuyama)専務は記者会見で「日本政府が国境規制緩和を発表した後、予約が3倍も急増した」と話した。

日本は3月末に全国のウイルス対策制限を解除したのに対し、今年は毎日海外入国者限度を徐々に高めた後、今月初め完全に解除しました。

2022年度上半期にJALの入国乗客は約174万人で、前年同期比約5倍増加しました。

6か月間、国内線の乗客は1,370万人と2倍以上増加しました。

菊山は「全乗客数はコロナウイルス以前の状態と比較して約60~70%に戻ってきました」と話しました。

JALの実績報告書は、All Nippon Airways Co.の親会社であるライバルANA Holdings Inc.が、3年ぶりに4月~9月の期間に純利益を掲示した後です。

菊山氏は、JALが米ドルに対する円安や高燃料コストなどのリスクに直面していると指摘した。

同社は燃料費が95億8000万円急増して負担になったと話した。

航空会社は3月に終わる事業年度の純利益見通しを450億円に維持した。

インバウンド便が急増すると予想され、売上見通しを5月の1兆3900億円から1兆4000億円に上方調整した。


関連する適用範囲:

ANAホールディングス、4~9月の黒字転換3年ぶりに初めて

円はドルに対して150半ばの範囲で32年ぶりに最低値を記録しました。

9月日本外国人入国者、2021年から206,500人に12倍近く増加


READ  日本政府は、モザンビークで持続可能な開発と人道的対応に520万ドルを投入

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close