エンターテインメント

日本茶屋、訪問者が25,000ドルアンティークボウルから飲むことができます。

(CNN) — 古代日本の伝統に参加し、25,000ドルのアンティークボウルで堪能し、1970年代の「オースティンパワー」の雰囲気を少し見つけてください。

すべてが東京のやなか地区のギャラリー大久保の経験の一部になることができます。 ここでは、アンティーク商人三菱大久保とその家族が伝統的な日本茶道体験を提供しています。 $ 25,000の価値がある古い博物館の質の部分のいくつか。

ギャラリー裏面のアイデアは、訪問者が茶道の日本の所有者が望んでいたように、ボウルを感じてドリンクを味わうことができるということです。 そして低価格で。 大衆が接近できる芸術と歴史です。

もちろん、18世紀に25,000ドルのボウルを落とすとどうなるのかと思います。

静かな路地にあるギャラリーに入ると、小さな1階に様々なカップ、器、皿が展示されています。 その後、大久保の娘アツコは隣の部屋から出て来場者を迎え、2階のお部屋に案内します。

西洋人のための宿泊施設は凹んだ床に普通の椅子が設置されており、訪問者が日本の伝統のように床に足をねじって座る必要がなく、慣れないと非常に苦痛になることがあります。 それ。

隣の小さな部屋には、4つの棚があるスタンドにマグカップが置かれています。 Atsukoは英語で説明し、年齢、原産地、保証された茶の所有者などの各ボウルの興味深い詳細を強調します。

Atsuko Okuboは、顧客が日本の茶道で使用できるように選択できる家族のアンティークティーボウルを示しています。

ブラッド・レンドン/CNN

このアンティークボウルを大衆に公開するのはアツコのアイデアでした。

アンティークのトレーダーである彼女の父親は多くを集めましたが、ギャラリーでは販売が遅く、ほとんどのボウルは隠されており、箱にはほこりがたまって誰にも喜びを与えませんでした。 Atsukoは、茶道にそれらを使用すると、日本の訪問者が利用できる数十の異なる茶道よりも家業が目立つようになると考えました。

しかし、彼女の父親はボウルをキュレートし、彼はボウルの詳細を追加することを嬉しく思います。 異なる用途に設計されたベルギー産の暗くて広いものがありますが、車の所有者はそれが意識に適していると思いました。

または明るい色の円、四角形、三角形を持つ明るい色のボウル。 1970年代に作られたようだが、映画漫画スーパースパイオースティンパワースがお酒を飲む姿を想像できる。

それがまさにこれが特別な理由だと言う。 古代と現代が調和しています。 そして、約50年が過ぎたにもかかわらず、依然として約15,000ドルの価値があります。

大久保敦子が茶道をしている。

大久保敦子が茶道をしている。

ブラッド・レンドン/CNN

Okuboは約200年の別のボウルを示しています。 訓練されていない観察者にはいくつかの欠陥があるようです。 対称ではなく、変色があります。

「不完全さは人間のもの」とオクボは言う。 これがこのボウルに数千ドルというユニークな価値を与える理由です。

彼は別の現在のボウルを示しています。 きれいですが完璧です。 約100ドルの価値があります。

「完璧なのはロボットです。このボウルはロボットです」と彼は言います。

そして、ロボットは交換が可能なので、訪問者が25,000ドルのボウルを落とすのが恐れると、このボウルを使用することができます。 Atsukoは子供にも適しているので、数千ドルの災害を心配しない親と経験を共有できると付け加えます。

今日の訪問者は300年のボウルと1970年代のボウルを選びます。 着物を着た敦子が儀式を始めます。

紅茶サービスの前に甘いケーキを用意しています。

紅茶サービスの前に甘いケーキを用意しています。

ブラッド・レンドン/CNN

彼女はゲストに直角にひざまずいて、体系的で意図的に車を準備します。

長い棒の端にある木のスコップで鍋からお湯を取り、ミキシングボールに入れ、泡立て器でお茶を混ぜます。 彼女の動きが指示する水と外でおむつは新しい音だけが聞こえる。

あじさいの花のような甘いゼリーと小豆のケーキを出した後、車は訪問者が選択したボウルに移され、温かい泡を出す。

決まった儀式によって、訪問者は高価なボウルを片手は横に、もう片方は下から支えます。

手に数万ドルの陶器があるという事実を忘れてしまうほど、味は素晴らしく、すべてを網羅しています。

これは日本の最高を経験しています。

Atsukoが彼女の用品とボウルを慎重に取り除くと、彼女の父親はゲストのための贈り物を持って階段を登ります。 ゲストが使用したボウルの手描きの着色された絵と彼らが持っていた甘いデザートと由来の説明。 そして重要性。

驚いたことに、Okuboは1970年代のボウルの幾何学的人物デザインとまったく一致していました。 それは非常に個人的なレベルの芸術です。

アンティーク商人の大久保光郎は、幸運のお客様にマグカップのオリジナル絵とその起源の説明を提供します。

アンティーク商人の大久保光郎は、幸運のお客様にマグカップのオリジナル絵とその起源の説明を提供します。

ブラッド・レンドン/CNN

90分ほどの充実した時間だったが、数万ドルの器が陳列された棚を見ると、ここが地震の国だという事実を知るしかなく、地震が出ればしばしば器が壊れる写真もある。 そして彼らの柱から揺れた皿。

だから?

atsukoは「地震が発生したときに最初に来るところです。

行くなら

Gallery Okuboは水曜日から日曜日まで午前11時から午後6時まで開きます。 住所は東京都台東区谷中6-2-40で、いくつかの主要鉄道路線がある日暮里駅から徒歩約15分です。

茶道料金は1名につき2,200円($16)で予約をお勧めします。

上の画像:300年前のアンティークボウルに入った緑茶。 クレジット: Brad Lendon/CNN

READ  沖縄から猫保護所 青島まで日本一島を訪れる

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close