理科

日本蝶、パンフまで2,277kmの翼

  • 寄稿者: Kayleigh Madjar / スタッフライター、CNA

日本富山県で放生した蝶が46日間旅行した後、約2,277km離れた豊富県で発見され、その地域で日本国境を離れることが初めて記録された。

このサンプルは、日本のチョンホ蝶の習性を研究するための全国的研究プロジェクトの一部だったと北日本新聞が先週日曜日に報道した。

日本と東南アジアの青虎は天候が変われば遠い距離を移動することが知られていますが、具体的な移動経路はよく文書化されていません。

写真:EPA-EFE

翼の1つに書かれたコードで識別された蝶は、気流に乗ってパンフーに漂流した可能性があると富山科学博物館のプロジェクトシニア研究者が新聞に語った。

研究員は「このように遠く飛んでいる場合は珍しい」と話した。

研究チームは去る9月25日、日本で蝶を捕獲して解放したと博物館は伝えた。

46日後の11月10日、ファンフの住民がFacebookにこの発見について書いた文を載せたと付け加えた。

博物館の関係者は残念ながら、蝶の翼が損傷した兆候を示したと述べた。

2番目に大きい通りは和歌山県から解放された青虎が2,500km離れた香港で発見したと記録された。 和歌山から北へ、富山の街が鳳後から香港までの距離よりも遠いことを考えると、新たな記録を立てました。

以前の記録保持者は、発売地から約2,000kmの沖縄で発見されました。

コメントが確認されます。 記事に関連するコメントを維持します。 悪口とわいせつな言語、あらゆる種類の人身攻撃、または宣伝を含むコメントは削除され、ユーザーはブロックされます。 最終決定は台北タイムズの裁量に従います。

READ  宇宙の中の「Chirps」:ブラックホールが衝突する音を捕捉した新しいアルバム| 宇宙

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close