日本裁判所、初めて不妊手術なしで性別認定承認 – JURIST

Estimated read time 1 min read

水曜日日本裁判所 許可された 性別が変わる 国内で初めて殺菌が必要なく法的に認められた製品です。 日本岡山家庭裁判所津山支援 賛成判決を下した 高木亮不妊手術を受けずに法的に男性に性別を変更できるようにした論争の余地がある要件は、2023年日本最高裁判所で違憲決定を受けました。

不妊手術は、生殖能力を排除する永続的な手術手順です。 日本最高裁判所がこのような慣行を違憲と判決する前には、トランスジェンダーが法的に性別を認められるためには、いくつかの段階を経て手術で不妊手術を受けなければなりませんでした。

不妊手術は法的地位のための必須要件と規定することで、州政府がトランスジェンダーに選択の余地をほとんど与えず、手術を受けたり性別を法的に認められることの間で狭い決定を下すため、議論の余地がありました。 したがって、人権運動家の間では、不妊手術を強制的で侵襲的な手術として理解しました。

同じ人権団体 国際人権団体 (HRW)は、これを尊厳、プライバシー、健康侵害を含む国際人権侵害と規定しています。 逸話的な物語 性別が認められていない人々は、国内または海外旅行をするとき、そして医療、結婚許可証、さらには乗り換え確認などの社会サービスを利用しようとすると、毎日困難を経験することを示しています。

水曜日の歴史的な判決の後、ウスイ首相は記者会見でこう語りました。 新しい人生が始まっているようです。」 今、彼は13歳の息子を持つパートナーと結婚することができました。

READ  ビデンの日本と韓国との戦争サミット
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours