日本裁判所、福島災害に対する公益事業経営者に無罪宣告

Estimated read time 1 min read

東京>>水曜日、日本裁判所は、2011年に福島原発事故とそれに伴う40人以上の高齢者強制避難のうち、死亡について全電力会社役員3人に過失に対して無罪を宣告しました。

東京高等裁判所判決は、2019年、東京電力会社ホールディングスの元高位幹部3人も無罪を宣告した下級裁判所判決を支持し、発電所を襲った規模の津波は予測できず、経営陣は怠慢できなかったと述べた。

この事件は規模9.0の地震と大規模津波が発電所を襲い、冷却システムが故障して原子炉3基が溶けた原発事故に関連する唯一の刑事裁判だ。 大量の放射能が周囲の地域と海に放出され、数万人の住民が家、職場、地域の絆を失った。

裁判所は、勝松恒久前東京電力会長(82)と他の2人の元役員が地域病院や療養院で強制退院している間、またはその後、すでに健康が悪化した44人の高齢患者を死亡に至らせたことについて無罪だと言った。

無罪判決は、判決に出席したり、裁判所の外で集会をした数十人の福島住民と支持者を失望させ怒りさせました。

福島住民の武藤ルイコは、記者たちに判事たちが工場を訪問すらしなかったことを指摘し、「事件を十分に調査せずに決定を下した判事たちに怒る」と話した。 「被害者の多くの親戚や災害の影響を受けた他の人が受け入れられないことです」

経営陣は2011年3月11日、福島第1原子力発電所を襲った地震と津波を予想せず、発電所を救うための措置を取らなかったという非難を受けました。 津波は一部の地域で17メートル(56フィート)も高かった。

葛松と彼の共同被告である武藤栄前元副会長(72)と竹黒一郎(76)は、一貫して無罪を主張して津波を予測することは不可能だと主張した。

被告は民事起訴パネルによって起訴された。 検察は、裁判過程で東京電力が長期津波をもとに津波が発生する前に原子炉の水密を高めるなど十分な安全措置を取れば、災害を防ぐことができたと主張し、役員1人に懲役5年を旧型した。 専門家が提供する評価。 しかし裁判所は津波予報が信憑性のある情報ではないとし、これらの主張を「後で考えたもの」と一蹴した。

検察首長の石田正三郎氏は、今回の判決が長期的な津波評価データの重要性を無視したと述べた。 彼は検察が判決を研究し、最高裁判所に上告することを検討する計画だと述べた。

「他の大きな事故を防ぐために彼らができることは何もないと言うのと同じです。 あまりにも無責任だ」と福島住民を代弁する海道雄一弁護士が言った。 彼は、判決に見られる安全に対する態度は、日本が原子力エネルギーの使用を増やすのと同じように危険を加えることができると述べた。

岸田文夫総理政府は最近、再稼働を加速し、寿命を延ばして稼働中の原子炉の数を最大化する一方、解体予定原子炉に代わる次世代原子炉を開発し、安定したエネルギー供給を確保し、削減目標を達成する計画を採用しました。 温室効果ガス排出。

水曜日の判決は、民事訴訟から一連の分裂的な裁判所の決定に続いたものです。 去る7月、ある判決は、東京電力がより良い安全措置をとり、最高経営陣に13兆円(990億ドル)以上を支払うよう命令した場合、災害を予防することができたと述べた。 しかし去る6月最高裁判所は災害は予測できないことだとし、数千人の住民たちの補償要求を棄却した。 しかし専門家たちの津波予測が信憑性があるという点は認めた。

検察は、TEPCOが2007年に日本北部新潟地震で別のTEPCO発電所に被害を受けた後、津波安全検討を実施しており、3人の元役員がこの過程に定期的に参加したと明らかにしました。 2008年3月、TEPCO子会社は、最大15.7メートル(47フィート)の津波が福島を襲うと予想して、会社が防波堤の建設を検討するよう促したが、経営陣は追加支出を避けるためにアイデアを延期したと言います。

政府と議会の調査によると、TEPCOの安全文化の欠如と津波リスクの過小評価を含む脆弱なリスク管理が災害につながった。 彼らは、TEPCOが津波保護措置を無視するために規制当局と提出したと述べた。

TEPCOは安全対策についてより積極的であるかもしれませんが、発電所を麻痺させた大規模な津波を予想できなかったと述べました。

原発から約10キロメートル(6マイル)離れた富岡村で避難した古川吉子さん(59)は、「私の心の奥に位置する大きな疑問は生きたので苦しめなければならないのです。 私のせいでしたか? いいえ、それでは誰の責任ですか?」

READ  TABLE-Japanアルミバイヤーは10-12月の輸入について、より高い報酬を支払う必要があります。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours