日本裁判所、LGBTQコミュニティの画期的な出来事でトランスジェンダー不妊手術を要求するのは「違憲」と判決

1 min read

大住友ヒロ/ゲッティイメージズ

東京、日本。 東京のレインボープライドパレードは、2018年5月の祝賀イベントの最後の日、渋谷と原宿を行進しました。


東京
CNN

日本の 最高裁判所は、トランスジェンダーが法的に認められる前に不妊手術をしなければならないという政府の要件が違憲だと判決し、これは国内LGBTQコミュニティが勝利を収めた結果です。

下に 20年前に制定された法律身分証明書の修正を希望するトランスジェンダーの個人は「性的アイデンティティ障害」と診断され、18歳以上でなければならず、未婚で未成年の子供がいないはずです。

また、生殖器は異性に似ている必要があり、生殖能力を持ってはいけません。 これは、彼らが不妊手術や整形手術を含む侵襲的手術を受けたにちがいないことを意味します。

この法律は長い間権利団体によって非難されており、以前に法廷で提起された異議は棄却されました。 この事件は、手術なしで自分の法的性別を男性から女性に変えたかった一人のトランスジェンダー女性が提起した事件でした。

公共放送NHKによると、原告は長年のホルモン療法がすでに彼女の生殖能力に影響を与えていると主張している。

彼女の事件は最高裁判所に到着する前に家庭裁判所と高等裁判所で棄却された。 月曜日、裁判所は、不妊手術を要求する条項が憲法に違反すると判決し、彼女に有利な判決を下した。

「この条項による身体的傷害からの自由に対する制限は、現時点でますます不要になり、制限の程度もさらに深刻になりました。 したがって、問題の条項は必要もなく、妥当でもない」と裁判所は判決文で明らかにした。

続いて再生産権は憲法上「基本的人権とみなされる」と付け加えた。 判決文は「自分が識別した成果法的性別を一致させるために本意ではなく生殖能力の除去を受けなければならないという事実は残酷な選択」と明らかにした。

今回の歴史的判決は、第二次世界大戦以後、最高裁判所が法律条項を違憲と判断し、日本議会が該当法律を見直した12番目の事例だとNHKは報道した。

しかし、これは法律全体が変更されるという意味ではなく、不妊処理を必要とする条項のみが変更されるという意味です。

最高裁判所は、トランスジェンダーが異性に「似た」生殖器を持つことを要求する他の条項については合憲だと判決を棄却しました。 月曜日の判決によると、事件の該当部分は審議のために下級裁判所に再送される予定であり、判決は、当該要件がトランスジェンダーに手術を受けるように「直接的に強要」するものではないと付け加えた。

この判決はLGBTQコミュニティ内で賞賛と祝いが混ざった反応を示したが、残りの手術要件とより広い社会的態度に対する懸念もあった。

原告側弁護士の南和雪氏は、判決後の記者会見で原告の陳述を朗読し、「予想外の結果に非常に驚いた」と話した。

彼女は声明で「(私の)性別変更が最高裁判所の承認を受けられず、事件が延期されたのは非常に残念だ」と話した。 肯定的な方向に」。

南弁護士は、既存の法律が違憲だと判断する判決が「本当に非常に少ない」とし、今回の判決が「非常に重要だ」と付け加えた。 しかし「(原告家)希望する最善の結論に至らなかった点は苦しい」と認めた。

日本の明神大学でLGBTQ問題を専門とするケン鈴木法学教授は、裁判所の決定を「半分の判決」と説明しながら、地域社会のメンバーは、下級裁判所が性器を持つために他の手術が必要かどうかを決定するを待っていると言いました。 他の性別に似ています。

「それにもかかわらずそれは彼らに希望を与える」と彼は言い、この判決を「革命的審判」と呼んだ。 「多くの人が、審査員が実際にこのテーマにどれだけ大きな関心を持っているかを知ることができます。」

性的指向および性別アイデンティティのために困難を経験する人々のための法制定のための国民連合(聖少数者法連帯)も今回の決定に拍手を送り、最高裁判所が残りの部分に対しては「公正な判決」を下すことを願うと述べた。 トランスジェンダー個人の要件。

また、この団体は、自分が選んだトイレを使用するトランスジェンダーに対する蔓延した「不安と恐怖」を含む、最近、トランスジェンダーに対する差別事件について「強い残念」を表明しました。

NHKによると、今年の夏の初めに最高裁判所は、トランスジェンダーの従業員の女性トイレの使用を禁止した政府機関に対して敗訴判決を下しました。 これは職場内の性少数者の権利に関する最初の判決でした。

日本の多くの地域が長い間維持されてきました。 保守的な見方 LGBTQの問題について – 近年の世論調査では態度が変わっていることがわかりましたが、活動家たちはこう述べています。 まだ差別が広がっている。 例えば、日本は同性結合に対する法的保護がない唯一のG7国です。

今春政府は5月、G7首脳会談を控え、LGBTQコミュニティ理解増進法を通過させなければならないという圧力をますます受け取った。 しかし、この法案に対する議論のために首脳会談が始まる1日前までに法案が議会に提出された。

結局、合格した法案は 希釈バージョン 人権保障がまったく行われていない状態で活動家たちが望んでいたことが成り立たず、さらにはある種の差別を暗黙的に助長できる表現もあったと批評家たちは言います。

READ  MacronはBidenがG7の指導者の最初の公式会議で「クラブの一部」と言いました。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours