経済

日本補助金は、大流行のピンチを感じる醸造業者に活力を吹き込む。

日本酒類メーカーがコロナ19危機の中で消費減少を防ぐために政府補助金を利用して新製品開発に乗り出している。

このイニシアチブのおかげで、外国料理とよく合う日本酒と家庭での消費需要に合ったカスタムドリンクがすぐに発売される予定だ。

総務省の調査によると、2人以上家庭の酒類消費額は2019年4万1000円から2020年4万6000円に増加した一方、飲食店・酒店酒消費額は2万円から急減した。 9,000円で

国税庁は消費活性化のために新製品開発及び新規販売経路構築費用の半分を最大500万円まで支援する、いわゆるフロンティア補助金を新設した。

政府は2020年と2021会計年度の追悼に合計14億円の補助金を割り当てた。

高知県酒川町にある醸造所のつかさぼたん修蔵は、高知県産業技術センターで開発した酵母を使って酒を作っています。

竹村秋彦社長は「果物を使った前菜料理とよく合う酒を作ることができる」と話した。

同社は爽やかな味のスパークリング酒を生産するために特別なボトル入り機を購入しました。 飲み物の開発は2月頃完了する予定だ。

竹村は、「コロナウイルス危機の中で、新しい機械の購入についてもう一度考えたので、助成金に感謝します」と言いました。 「海外の飲食店で高知産の果物を使った前菜を食べる前に、私たちの酒で乾杯をしてほしい」

埼玉県サテシにある醸造所の石井酒造の代表は「コロナ19ファンデミックで結婚、葬儀などパーティーや儀式の大規模需要が一斉に急減した」と話した。

様々な種類の酒を少量生産することが、生存の長さを望む心から、人々が好む米と道程の度合いを選べるカスタムメイドの酒を作り始めました。

Ishii Shuzoは、ボーダー補助金を使用して少量を処理できる酒醸造機を購入し、春から生産ラインを完成させ、注文を受け始めました。

オーダーメイドの酒は、酒が好きな個人消費者と独創的な飲み物を提供したいレストランを対象としています。

北海道シャコタン村で栽培した材料でジンを生産・販売しているシャコタンスピリット(株)は補助金を受けて追加蒸留槽を購入し、昨年夏に合わせたジン生産を始めた。 グループと会社の注文を受けて、彼らが好む植物の組み合わせを選択することができます。

今後個々の顧客が望む材料を自由にブレンドできるイベントも進行する予定だ。

会社関係者は「現地植生の香りをどのように導入するかが競合他社と差別化しようとする努力の一因となるだろう」と話した。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  CureAppとJichi Medical University、高血圧治療アプリコラボレーション:日本の3相臨床試験で1次評価項目満たし

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close