日本裸祭り:はだか祭りに女性が初めて参加

Estimated read time 1 min read
  • 寄稿者: シャイマ・カリル
  • 東京特派員

画像キャプション、

1,250年歴史上初めて女性が参加した。

救済の海、ほぼ裸の男たちが神社に向かって体戦を繰り広げ、押して押し上げます。 「ワショイ!ワショイ!」 彼らは叫ぶ – 行こう、行こう。

日本中部小宮神社でハダカ祭り(裸祭り)が1,250年間開催されている間、この姿はほとんど変わりませんでした。

しかし今年には大きな変化がありました。

男性グループとは別に、グループが参加する最初の女性グループになる予定です。

ここに集まった女性たちは、自分たちが歴史を作っていることを知っています。 伝統的に男性が支配する空間で空間を探すことはどこでも難しいことですが、昨年世界経済フォーラムの性別格差指数で146カ国のうち125位を占めた日本では特に難しいです。

彼らはいつもそこにいたわけではありません。

「その背景には、女性がいつも祭りに参加する男性を支援するためにとても一生懸命働いてきました」と家族が何世代にもわたって小宮まつりで働いている玉子敦子は説明します。

画像キャプション、

一部のコミュニティでは、男性専用のイベントとして残る必要があると提案しました。

しかし、神社で幸せを祈る前に、男性が悪霊を追い出すことを見る祭りに実際に参加するという考えは、以前は一度も考えたことがないようです。

Naruhito Tsunodaによると、実際の禁止措置はありませんでした。 誰も尋ねたことがなかっただけです。

そして彼らがそうしたとき、答えは簡単でした。

彼はロイター通信とのインタビューで「最も重要なことは皆のための面白いお祭りが開かれることだと信じています。神様もそれについて最も喜ばれると思います」と話した。

しかし、地域社会のすべての人がそれほど容認できるわけではありませんでした。

「(参加について)'男たちの祭りに女性たちが何をするのか?','男たちの祭りだ、深刻だ'など懸念する声が多かった”と祖母玉子(56)氏は言った。 、説明します。

「しかし、私たちは私たちがやりたいことにすべて一つになりました。

ターンを待っている女性は本当に誠実です。 彼らではないのは裸だ。

代わりに、多くの人が男性用の梁とは異なり、長い紫色の服装である「ホットピー」と白いショートパンツを着て、彼らは竹の供物を持っています。

彼らは、男性が神社に駆けつける大きな争奪戦や神の男子、つまり神社が選んだ男である「男性の神」に触れるために互いに上がるのの一部ではないでしょう。 伝統によると、彼に触れることは悪霊を追い出すという意味です。

今この瞬間の意味を奪っていくわけではありません。

藤江由美子はBBCに「時代がついに変わったと感じる」と語った。 「でも責任感も感じます」

画像キャプション、

祭りに出席した多くの女性は、政策の変化を重要な瞬間と見なしました。

しかし、これらの女性は参加を通じて単に性別の障壁を崩しているわけではありません。 彼らはまた伝統を生かしています。

今週、日本北部の国関寺で開かれた別の裸の祭りは、これが彼らが開催する最後の祭りになると述べた。 祭りを続けるのに十分な若者がいませんでした。

日本は、地球上で人口の老齢化率が最も速い国の一つです。 昨年は初めて10人のうち1人以上が80歳以上の高齢者でした。 一方、出産率は女性1人当たり1.3人に過ぎず、昨年生まれた赤ちゃんは80万人に過ぎない。

女性たちが神社に向かう瞬間がやってきました。

彼らは2つの平行線で立って、赤と白のリボンが絡み合う長い竹の棒を持っています。

玉子敦子(Atsuko Tamakoshi)が先頭を走っています。 彼女は口笛を吹き、何十年もの間男性が話すリズミカルな救済を促しました。

女性たちは「ワショイワショイ」と叫ぶ。

画像キャプション、

玉子敦子は初めて裸祭りに参加した女性の一人です。

女性は数週間練習した動きとスピードに集中しています。 彼らはこれを正すべきであることを知っています。

メディアと観客の視線が自分たちに向かっているという事実を認識した彼らも、緊張とときめきが混ざった笑顔をしている。

零下の気温に耐える間、観客は応援の歓声を上げ、一部は「Gambatte」または「続けてください!」と叫んだ。

彼らは小宮神社の中庭に入り、男のように冷たい水をまきます。 さらに活力を与えるようです。

彼らの供え物が受け入れられると、女性たちは二度切って、二度拍手をして、一度最後の節をする伝統的な挨拶で儀式を終えます。

そして途方もない瞬間が訪れる。 女性たちは歓声を上げて走り回り、お互いを抱きしめて泣き叫ぶ。 「アリガトゴザイマス!アリガト!」 ありがとうございます! ありがとうございます! 彼らはお互いに話し合い、群衆は今彼らに拍手を送ります。

井井美知子は「涙が多すぎる」と語った。 「私が参加できるかどうかは確かではありませんでしたが、今は達成感を感じます。」

祠堂を出る女性たちに一緒に写真を撮ろうとする市民たちとインタビューをしようとするマスコミたちが彼らを抑止する。 彼らは喜んで義務を果たします。

画像キャプション、

参加した人たちは、そのことについて膨大な誇りを感じたと言います。

赤堀美恵子はBBCに「やった。とても幸せだ」と話した。 「女性として初めて参加できて本当にありがとうございました」

彼女の友人でありチームの仲間である安藤美奈子は「こんなことを初めてやったのは本当に素敵なことだ」と付け加えました。

前田広茂は「時代が変わっている」と言いました。 彼女の家族は過去30年間、いくつかの男性祭りの参加者を招待する地域の旅館を運営してきました。

「私たちの祈りと希望は同じだと思います。男でも女でも構いません。私たちの情熱は同じです。」

この日、こうして重要な役割を果たしてきた玉子敦子には、彼らが皆一緒に成就したことを振り返る瞬間がある。 彼女は感情的で安心感を感じます。

彼女はBBCに「私の夫はいつもこの祭りに参加してきた」と話した。 「そして私はいつも観客でした。今では感謝と幸福がいっぱいです。」

READ  岸田日本首相支持スライド、選挙見通しぼやけ
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours