理科

日本西部の神社で発見された忍者の芸術に関する伝説的な本の写し





2022年6月19日、滋賀県小鹿市の葛城コミュニティセンターで最近初めて発見された「かんりん星よ」の写しが見えます。 (Mainichi/Kenichi Isono)

KOKA、Shiga – 「忍者村」として知られる滋賀県小鹿市は、6月19日に江戸時代(1603-1867年)に忍者芸術に関する有名な本のオリジナルソースの写しを発表したと発表しました。 ) この地元の神社で初めて発見されました。

「バンセンシュカイ」(1676)の出所である「ガンリンセイヨ」の実際の本やコピーは以前に見つかりませんでした。 磯田道文国際日本研究センター教授は6月19日記者懇談会で「存在は分かるが忍者のように位置を見つけられなかった本が現れた」と話した。 彼は本に関する今後の研究に対する希望を明らかにした。

2021年12月、小香で忍者を研究している地域活性化協力団の一員である福島高正(37)は、2021年下半期に遵守した古文書のリストをもとに、市内の和平神社の倉庫を調査していた。 昭和時代(1926-1989)。 彼は文字通り忍者の技術を意味する「仁術」に関する本を発見し、表紙には日本語で「軍法ガンリンセーヨ中権」という言葉がありました。

詩によると、この本の40ページにわたって合計48種類の芸術が説明されています。 本文には、わら身の裾に絹を重ねて重ねてこっそり隠して騒々しくならず、敵軍が多いときに右に攻撃し、隠そうとするときに煮たフクロウとカメが粉を投げ、キャスティング注文。 また、杖ナイフや「マキビシ」などの人工道具を製造し、使用する方法と方法を明確にしました。

この本は、互換性のない内容が含まれていないため、実際の「Kanrinseiyo」のコピーと見なされ、Koka ninja家族に関連する他の本と一緒に保管されました。 「中巻」という言葉は、最初の巻と最後の巻の存在を示唆している。

三重大学国際忍者研究センターの山田悠二教授は「本には当時の最先端科学技術が載っている。 江戸時代の科学的基準を知ることも重要だ」と話した。

磯田教授は「この本は忍者に関する実用的で現実的な情報を提供する。人術や道具を再現すれば忍者の再現につながる」と話した。

(草津市民国磯野源一の日本語オリジナル)

READ  無料影響力がPR記事くれるサービス、Hashgiftを開始します。 Hashgift、Influencers PR posts for free、will be started。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close