日本訓練団、6月17日よりセイシェルで予定 – ユーラシアレビュー

1 min read

アリサ・ウジチェ

日本海上自衛隊の鹿島(Kashima)訓練隊と島鹿제(JS Shimakaze)が海外訓練や友好と親善増進の一環として、6月17日から20日までセイシェルビクトリアで友好寄港を繰り広げる予定だ。

日本参謀で代理大使の小野智之氏は、水曜日の記者会見で、今回の訪問が2024年5月に始まり、今年11月に終わると予想される大規模な訓練クルーズ訪問の一部だと述べました。 船舶は合計35,000海里にわたってさまざまな国を訪問します。

「彼らの最後の寄港地はブルネイのムアラ港であり、今船は来週ビクトリアに到着するでしょう。 訓練隊司令官は西山高弘所長だ。 船舶の人員は570人で、このうち乗務員330人、訓練生190人だ」と話した。

「今回の訪問は、訓練生にサービスに必要な基本的な知識とスキルを習得できる実習教育を提供することです。 彼らは共同訓練やその他の活動を通じてグローバルな意識を高めます。」とTomoyukiは付け加えました。

石津桃高日本大使館第2書記は、訓練隊が約4日間セイシェルに滞在し、様々な活動に参加すると述べた。

「艦隊は17日午前に港に入港する予定です。仕事 6月には日本国民と住民が共にする歓迎イベントを開催する予定です。 また、過去に財政的に支援していた聴覚障害者学校があり、一部の学生もこのイベントに参加する予定です。 もちろん、セイシェル沿岸警備​​隊と港湾庁もその夜、上級挨拶とセイシェル国防軍のためのレセプションを持つ予定ですが、今回はプライベートセッションです。

彼は6月18日の開場日があり、船舶は午前10時から午前11時30分まで大衆に公開されると述べた。

「国家祝祭委員会の支援のおかげで、私たち司令官は午前中に国旗の掲揚式に出席するようになりました。 19日には公開イベントがある予定です。 日本北と武術デモ、剣道と柔道をはじめ、セイシェル柔道連盟が参加する音楽公演です。 一種の文化交流プログラムです。 最後のアイテムは国立博物館で開催されるブラスバンドのコンサートです。」とトモタカは言いました。

彼は飛行隊に搭乗した訓練生たちがグループに分かれ、セイシェル防衛軍など様々な施設を訪れると付け加えた。

日本訓練団のセイシェル訪問は今回が二度目だ。 最初は2012年8月でした。

READ  クラブメッド、日本スキー場12月開場計画:Travel Weekly
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours