トップニュース

日本警察、富士山爆発の可能性に備えて

社会政治生活様式


東京、6月19日(Jiji Press)–日本警察庁は、日本で最も高いピークである富士山の噴火の可能性に対する本格準備に着手しました。

NPAは、火山爆発が発生した場合、富士山近隣地域だけでなく首都圏地域にも火山灰が落ちる可能性があるという仮定のもと、地域警察署に配布する防塵マスクを購入する予定だと消息筋が伝えた。

専門家は「大規模地震以降に発生する噴火などの複合災害の可能性に備えなければならない」と述べた。

2020年4月、日本政府中央災害管理協議会実務グループは、日本中部の山梨県と静岡県にまたがる3,776mの高さの富士山噴火による火山灰対策を設けた。

ワーキンググループは1707年、湖永山噴火当時と風向が同じ場合、首都圏に火山灰が落ちて道路交通に支障をきたして停電になる可能性があると明らかにした。 対策を考える。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

サポートプレス

READ  M5.0 地震が東京エリアを襲う

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close