日本警察、牛丼食堂で食べ物いたずら2人逮捕

Estimated read time 1 min read

有名うどん屋で箸で共用容器に入れた生姜を箸で食べる動画を上げた男性2人が日本警察によって逮捕された。 」 大阪府警察は水曜日、島津流と岡利秀が業務妨害、気物破損および汚れた容疑で逮捕されたと明らかにした。

岡が撮影してソーシャルメディアに共有したビデオで島津は、客が使用しなければならない紐の代わりに箸で割れた赤生姜漬け(牛丼の主なトッピング)を繰り返しシャベルで口に入れる姿が見られると警察は言いました。

島津は人を笑わせたいと警察に言った。 岡は自分が島津に面白いことをするように煽った人だと話し、動画が面白くて人々が見たいと思ったので動画を共有したと警察は明らかにした。

警察は3月、島津(35)と今週の岡(34)を逮捕し、両者とも容疑を認めた。 業務妨害で有罪判決を受けると、最大500,000円(USD 3,800)の罰金または最大3年の懲役に処されることがあり、財産破壊の場合、最大3年の懲役または最大300,000円(USD 2,280)の罰金に処せられる。 。 )。

彼らのいたずらは去る2月、顧客が自分が見たビデオについてチェーン店に知らせたときに明らかになり、レストランはしょうがの調味料をすべて捨て、容器を掃除するために一時的に休業しました。 吉野屋も警察に申告した。

警察はレストランが大阪住野に地球にある吉野屋チェーンの一部としてのみ確認しました。

吉野屋ホールディングスは、食品業界全体の安全に対する疑問を提起し、いたずらニュースが多いお客様に不便をおかけしたことを申し訳ありません。

醤油風味の牛肉と玉ねぎをのせたリーズナブルな価格の狩りは人気のある食べ物であり、全国1,100以上の店舗を運営する吉野屋の事件は一連のいたずらからわずか数週間で発生したようです。 「寿司テロ」として知られるようになった回転寿司チェーン店で。 一例として去る2月、警察は共用肝臓病の上部が好きで通り過ぎる寿司を素手で握り、日本中部の主要な「回転」寿司レストランで食べるなど業務を妨げた疑いで3人を逮捕した。

他の寿司チェーン店も同様のいたずらに苦しんでおり、顧客を監視するために監視カメラを設置するか、寿司サービングコンベアを停止するなどの措置を講じました。

(このストーリーはDevdiscourseの従業員によって編集されておらず、シンジケートされたフィードから自動的に生成されます。)

READ  カーディナルスの混雑した外野ミックスでジョーダンウォーカー
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours