エンターテインメント

日本議員、映画制作者逮捕後、ミャンマー軍部指導者に会う





渡辺弘道(渡辺弘道)





2021年6月23日、ロシアモスクワで開かれた第9回モスクワ国際安保会議でミャンマー軍総司令官のミン・アウン・フリング(Min Aung Hlaing)所長が演説している。 (AP Photo/Alexander Zemlianichenko)

ヤンゴン(刑務所) – 日本の執権議員がミャンマーの軍部指導者に会ったと国営新聞が金曜日報道した。

日本議員とミャンマー軍部首長のミン・アウン・フリング(Min Aung Hlaing)幹部の出会いは、映画製作者・久保田(Toru Kubota)が扇動と移民法違反の疑いで拘禁され、日本政府が彼の早期釈放を促して以来初めてあった。そうです。

渡辺弘道日本自民党議員と軍部指導者が木曜日、ミャンマーの行政首都であるネフィドで開かれた会談で、ミャンマーの政治状況について意見を交換したと新聞が伝えた。

ミャンマーは政治的状況に対する「偽情報」が広がっている中、東南アジア諸国に対する真実を「日本国民が知るべきだ」と強調した。

一方、2011年3月、日本北東部大震災と津波被害復旧を担当した元長官の渡辺は、指導者にできるだけ早く久保田を釈放するよう促したとされています。

昨年2月、軍部が執権した後、ミャンマー軍部は日本ミャンマー協会会長を歴任した渡辺秀夫元公職通信賞など日本人事に会った。

READ  JR東日本、オンライン反発後の恵比寿駅からロシアガイド標識カバーを外す

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close