日本財界の指導者たち、別の城選択を促す

Estimated read time 1 min read

財界指導者たちは金曜日、日本政府に約1000人の署名が入った請願書を提出しながら、結婚した夫婦が別の城を選択できる制度を早急に導入するよう促しました。

請願を主導した企業指導者や擁護者は、結婚した多くの女性が職場で結婚の全性を使い続けていると主張しています。 しかし、これらの慣行は海外旅行で手続き上の問題を引き起こす可能性があるため、女性にとって負担になる可能性があります。

東京で開かれた日本法務部次官との会談で、この団体は主要企業ロビー団体である日本企業経営人協会関係者と同行しました。

2021年4月に設立されたグループは、別々の姓使用法の合法化を促し、企業および組織の取締役会のメンバーにオンラインで署名を求めるなど、サポートネットワークを拡大しました。

情報技術企業サイボーズ(Cybozu Inc.)の青野吉久(左から2番目)社長と大和証券グループ(Daiwa Securities Group Inc.)の再び京子(社長)副社長を含むビジネスリーダーグループが使用導入に要請書を提出している。 2024年3月8日、法務部で角山広明法務部長官に城を分離した。

ソフトウェア会社Cybozu Inc.の社長であるYohihisa AonoとDaiwa Securities Group Inc.の副社長であるKeiko Tashiroは、グループを設立した19人のうちの1人です。

署名者の中には、新井武志サントリーホールディングス社長、楽天グループ会長の三木宏氏など著名な企業人が署名しました。

日本経済界最大のロビー団体である軽鍛錬の徳良正和代表が個別性使用は働く女性を支援する最優先課題と支持した。

金曜日の午前12人は、夫婦が同じ姓を使うよう強制する法律条項が違憲だとし、政府を相手に訴訟を提起した。

東京地方裁判所に10人が、札幌地方裁判所に2人が訴訟を提起した。 彼らは姓を変えることなく報酬と結婚する権利を探しています。

上田めぐみ(一番右)が東京地方裁判所に訴訟を提起した後、2024年3月8日に東京で記者会見を行っています。 (刑務所)

被告のうち5組は現行法に対する不便さを理由に事実婚関係にある。 夫婦の一人は法的に結婚した状態だが、性を変えながら「強い喪失感」を感じたという。

30~60代夫婦は、北海道、東京、長野県など全国に居住している。

最高裁判所最高裁判所は、この条項が2015年と2021年の両方で合憲であると判決しました。 2015年には15人の判事のうち5人が別の姓を禁止するのは違憲だと明らかにし、2021年には4人が同じ判決を下しました。

最近の訴訟では、現行法の下で、夫婦が性別を変えたり、未婚を維持したりする極端な選択に直面していると主張しています。

彼らは、多様性に対する大衆の意識が高まり、家族力学がますます多様化する中、より多くの地域議会がこの慣行を支援しているので、他の城を受け入れないことは不合理だと主張します。

東京の原告の一人である上田恵は、「姓は個人のアイデンティティの一部です。誰もが幸せに結婚するには、別の姓のための条項が必要です」と述べました。 46歳の彼は、3月8日に世界の女性の日を象徴するミモザの花の形のブローチを着用しました。

1996年法務部立法会は、氏氏の分離を許す改正案を発議したが、保守議員らの反対に国会に上がることができなかった。


関連プレス:

日本区役所、異なる城で夫婦婚姻届を拒否


READ  経済を通じた関係回復
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours