経済

日本貿易機関アクラに事務所を開設

通常産業省は日本対外貿易機構(JETRO)と協力して日本投資をより多く誘致しています。

ガーナ経済をさらに成長させることが期待されるこのような努力は、ジェトロ公式事務所の開設によるものである。

事務所の開所で、Alan Kyerematen貿易産業部長官は日本の投資家にガーナ経済の数多くの機会を活用するよう促した。

彼は「貿易と投資を促進するためにガーナにJETRO事務所を開設したことは間違いなくガーナのリーダーシップに対する信頼を強化している」と述べた。

彼は、政府が地域の民間部門の生産能力を向上させ、パートナーの外国投資家に展開する措置を探し続けると述べた。

大臣はまた、アフリカ大陸を自由貿易協定(AfCFTA)に導いた協定であるアフリカ大陸自由貿易協定(AfCFTA)の主催国だった今よりも、良い時期に事務所を開設できなかっただろうと述べた。 域内貿易の改善された時代。

「事務局の位置は貿易、金融、投資に対する巨大な可能性を示しており、トヨタ、日産、Volkswagen、Twitter、Googleなどの主要なグローバルブランドがすでにこのリードに沿ってガーナに運営事務所を設立したことは驚くべきことです。いいえ。」 彼は付け加えた。

より強い絆

Nana Addo Dankwa Akufo-Addo社長が行ったJETRO事務所の開設は、両国間の経済的絆を深める努力の一環です。

ガーナ事務所は、貿易・投資振興、ガーナと日本の展示会やビジネス代表団、研究・政策提案に重点を置くものと予想される。

佐々木伸彦(JEA)のJETRO会長兼CEOは、コロナ19ファンデミックで、企業は関連性を維持するためにデジタル技術を活用しなければならないと述べた。

したがって、JETROは、サービスをデジタル化するために国内外のパートナーと協力していると述べた。

彼は、組織がオンラインビジネスマッチングとeコマースのためのシステムを構築していると述べた。

できるだけ多くの企業が積極的に海外事業に取り組むのを助けようとしている」と話した。

「私たちは、さまざまな分野のデジタルトランスフォーメーションを通じて、日本と他の国々とのより円滑で活発なビジネス交流を促進するために最善を尽くします。

彼は「JETROの役割は大企業だけでなく、中小企業や農業、林業、水産物および食品生産業者を支援することまで含む」と話した。

フロンティア市場

佐々木氏はまた、組織が人口と所得水準が増加している開拓市場への投資を支援していると指摘しました。

彼は地域の活性化、特に地域経済の活性化が日本の主な問題であると述べた。

「現地企業や生産者のための海外販路を確保するとともに、海外企業と人材誘致を通じて地域特化情報を伝播し、革新エコシステムを構築しています。

彼は「このような努力を通じてすべての都道府県に設立された私たちの事務所は日本各地域に他の国とビジネス機会をもたらすことに積極的に参加している」と説明した。

READ  新しいラウンジウェアラインとして、日本の主要なプラットフォームと地域の衣類のビジネスコラボレーション

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close