経済

日本資本の消費者インフレ、40年ぶりに最速で上昇

  • 東京11月のコアCPIはf’cast+3.5%に比べ3.6%上昇
  • 東京CPI、6ヶ月連続BOJ目標値2%上回
  • データは拡大されるインフレ圧力を強調する。

東京、11月25日(ロイター) – 全国動向の先行指標である日本首都の核心消費者物価が11月に40年ぶりに最速の年間速度で上昇し、6ヶ月連続中央銀行の目標値である2%を超えてインフレ拡大信号圧力。

一部のアナリストは、食品および燃料費に主に起因するが、より広い範囲の商品に広がるこの増加は、最近のコスト引き上げインフレが一時的なものであることが判明するという日本銀行(BOJ)の見解に疑問を提起すると述べている。

新鮮食品を除いて燃料を含む東京コア消費者物価指数(CPI)は11月に1年前より3.6%高かったと金曜日政府資料が現れました。 これは10月の3.4%増加と3.5%の中間市場予測を超えたものです。

最後に、東京のインフレが早かった時期は1982年4月で、起源CPIが1年前より4.2%高かった。

増加税は主に電気税と食品価格によって主導されていますが、円安で輸入コストが上昇するにつれて、企業も耐久財にさらに費用を請求していることがわかりました。

大和証券のMari Iwashitaシニアマーケットエコノミストは、「価格の引き上げ幅が拡大しており、円安の影響で来年までインフレが上昇し続けることができることを示唆している」と述べた。

「核心消費者インフレは、来年のほとんどの間、BOJの目標値である2%近くに留まる可能性があり、これは銀行が物価上昇が一時的であるという主張を継続することを困難にするだろう」

燃料と新鮮食品を除く東京コアコアCPI指数は、11月に1年前より2.5%高くなり、10月の年間2.2%増加から上昇しました。

アウトライヤー

BOJは、インフレが燃料価格の上昇によるブーストが消える来年に目標値以下に鈍化するという観点から、金利を非常に低く保ちました。 したがって、中央銀行は、急騰するインフレに対抗する目的で、世界中で通貨緊縮の波を引き起こしていません。

インフレとともに賃金が急騰した一部の欧米経済の経験とは異なり、日本では賃金及びサービス価格の上昇傾向が停滞した状態です。

東京CPIデータを構成するコンポーネントのうち、11月のサービス価格は10月に年間0.8%上昇した後、前年同期比0.7%上昇にとどまりました。 これは、10月の年間7.0%上昇に続き、11月の耐久財価格が7.7%急上昇したものと比較されます。

BOJが金曜日に発表した別の資料によると、10月の企業サービス価格指数(企業サービス価格指数)は前年比1.8%増加しました。 これは9月の年間増加率2.1%より遅いです。

黒田春彦BOJガバナーは、インフレが2%のインフレ目標を継続的に達成するためには、賃金が商品価格の上昇を相殺するのに十分に引き上げられなければならないと繰り返し言いました。

遅い賃金上昇は、日本のコロナウイルスの大流行からの回復を遅らせる要因の一つでした。 世界3位の経済大国である中国は、予想外に第3四半期の年率1.2%萎縮を記録したが、部分的には不振な消費によるものでした。

東京CPIデータは、10月の全国コア消費者物価が1年前より3.6%高く、40年ぶりに最高値を記録した追加上昇の可能性を高めました。 11月の全国データは12月23日に発表される予定です。

取材:和田孝彦、木原レイカ Sam Holmes と Bradley Perrett の編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  COVID-19の影響が引き続く中、日本の第2四半期の経済反騰は微弱する可能性

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close