日本資産管理者、企業支配構造推進支援、オアシス創設者を明らかに

1 min read

シドニー/東京:日本資産管理者は、行動主義のファンドであるオアシスマネジメントが業績が悪い企業を目標とすることをますます支持していると設立者が明らかにしました。 これにより、企業の支配構造を改善し、株主の収益を向上させるためのより多くのキャンペーンのための道が開かれます。

公的に運用資産を公開しない香港に本社を置くオアシスは、昨年最低6社の日本企業に対して大規模なキャンペーンを行い、当該企業の変化を求めました。

オアシスの創設者であり最高投資責任者であるセス・フィッシャーは、「私たちの最高の同盟は、今日の悪い企業支配構造を恥ずかしいことと考えている国内資産管理者です」と述べた。

このような変化は日本企業界のパラダイム変化を予告し、国内資産管理者が企業慣行を再編成できる行動主義的な参加を裏付けています。

LSEGデータによると、オアシスは日本で活動する最も有名な活動投資家の一つで、最近ターゲットとしては日本最大の薬局チェーン店であるアインホールディングスと売上基準で世界で2番目に大きい化粧品会社であるガオがあります。

東京証券取引所と日本政府は、よりグローバルな投資家を引き付けるために、過去10年間に企業が企業支配構造と資本配分を改善するよう奨励してきました。

彼は関連事業経験を持つ外部取締役を任命し、グローバル同業者と同じコア成果指標を採択するなどの措置により、日本の日経指数は2024年に22%上昇し、史上最高値を記録し、グローバル投資家の注目を集めた。言いました。

「突然、日本は再びレーダーに捕まった。これまで以上に多くの人々の電話を受けている」と彼は言った。

フィッシャーは、オアシスが日本企業と共に変化を促すために行った活動のうち、大衆に公開されたのは20%に過ぎないと述べた。

「私たちは毎回会社に親切に、個人的に尋ねました。彼らがただ関与していないとき、彼らは隠れ、隠され、嘘をついて、私たちが存在しないふりをし、株主を無視し、彼らの収益は減少し続けます。 「成果を出せませんよね?」と彼は言った。

「それは取締役会が経営陣を監督することに失敗し、それから私たちは参加しなければなりません…私は恥ずかしくありません。

オアシスは2023年にエレベーターメーカーフジテックの社外取締役3名をオアシスが選んだ候補4名に置き換えた後、理事会で会長を解任することに投票し、大きな勝利を収めました。

当時、フジテックの最大株主だったオアシスは会長家族が会社を支配することを批判した。

日本企業は雇用における人口主義や企業資産の横領など特に深刻な企業支配不正行為をなくしているが、「チェックボックス支配だけでは十分ではない」とフィッシャーは語った。

取締役会は、デジタル革新とマーケティング、自己資本利益率、競合他社と比較した業績を含む、企業の業績のすべての側面について経営陣に責任を問うようにしなければならないと彼は付け加えた。

これで、実際の経営経験を持つ独立取締役候補者のプールがはるかに深くなりました。 Oasisは、以前は取締役会に推薦する人を数人だけ呼んだが、今は毎回最大100人の候補者と話を交わすとFischerは語った。

オアシスは2002年の設立以来日本で活動してきたが、実質的な進展が行われてきたが、オアシスは変化をもたらすことができなかった場合には損失を見た。 過酷なガバナンスが持続し、経営陣の責任感が不足し、会社の株価が継続的に低下した。

「5年か10年後の人々は、2024年に何が起こったのかショックを受け、2013年に何が起こったのかについてはさらにショックを受けるでしょう。」

READ  共同通信ダイジェスト:2021年6月2日
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours