トップニュース

日本軍、年間火力訓練実施

日本の自衛隊(JSDF)は、土曜日に毎年恒例の火力訓練を実施しました。

岸信夫国防長官は、御殿場基地で兵士たちが装甲車やヘリコプター訓練に関する訓練に参加する姿を見ました。

訓練は、日本が地域の海上で中国との領土劣化が深刻化する中で軍事力を強化しようとする努力に基づいて行われます。

関係者は、日本が支配する尖閣島を囲んでいる日本が主張する海域とその周辺での中国の活動について、より懸念しています。

土曜日の訓練はまた、日本と米国、フランスが日本の地の最初の共同訓練を実施したか一週間後に出ました。 日本の地で、中国の主張が大きくなっている中で、軍事的結束を強化するために「ARC21」と命名された。

第二次世界大戦が終わった後、日本の憲法は、自己防衛のために武力の使用を制限しました。

日本は近年、軍事的役割、能力と予算を継続的に拡大してきました。

COVID-19感染症が原因で、今年の運動は、一般に公開されていない。

READ  日本、石炭火力発電所の輸出支援の中断 - ビジネス

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close