日本軽鍛練、韓国との共同プロジェクト拡大計画、両国関係の改善に役立つ期待

1 min read
読売新聞資料写真
軽鍛練会館ビル

日本経済人連合会(京団連)は、両国関係改善のために韓国とのパートナーシップ資金を基盤とした共同プロジェクトを拡大する計画を金曜日に発表した。

日本財界グループは、会員会社が日・韓・韓・日の未来パートナーシップ基金に目標金額である1億円を超え、2億円以上を寄付したと明らかにした。 京団連は寄付金を活用して日韓両国人事及び企業間交流と協力をさらに強化する計画だ。

この基金は、ユン・ソクヨル政府が朝鮮半島徴用者らに関連した一連の訴訟に対する解決策を提示したことに対する軽鍛練と韓国側の自発的な措置で造成された。

軽鍛錬は、両国政府が将来志向の関係を構築するために努力している間、両国のスタートアップ間の協力やその他の交流プログラムを促進するために資金を使用してきました。

軽鍛錬は、資金を寄付した会社の名前と詳細を開示していません。 しかし、損害賠償判決が確定した訴訟で被告である日本企業は寄付者の中にはないとみられる。

まだ賠償問題が解決されておらず、韓国政府傘下財団が原告に賠償金に該当する金額を支給してきた。

日本総務省がラインアプリを運営するLY(株)に行政命令を下すと、国内では国内巨大技術企業のネイバー(株)がLYの大株主だという点で論議になった。

金曜日の発表を通じて、軽鍛練は日韓関係の改善を助ける政策が変わらなかったことを示す意図を持っているようだ。

READ  台風による窓割れ飛散防止対策、事前にすべきことは - ウェザーニュース
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours