トップニュース

日本選挙:執権自民党はコロナ、不平等に闘う選挙ニュース

東京、日本 – 日本の有権者たちは、コロナ19大流行と経済不平等の悪化に対するイライラの中で、中原で過半数の議席を確保するために戦う岸田文夫首相と日曜日投票所に向かうだろう。

日曜日の表決のための議会解散以前に、執権自民党は465人のうち276席、連合パートナーであるゴメイトは29席を確保しました。

ほとんどの世論調査では、自民党は議席数は減ったが、過半数を占めると再び予想しており、今月初めに就任した岸田は月曜日に自民党が近づく投票で「極めて厳しい」状況に直面するだろうと述べた。

その理由の1つは、5つの主要な野党が複数の単一議員選挙区で共同候補を選出するためにチームを構成したことです。 もう一つは、まだ決定を下していない有権者が40%に達するということです。

119,000人の有資格有権者を対象とした刑務所通信は、水曜日に決定できなかった有権者の割合が高いということは、「結果が依然としてどちらにでも揺れる可能性があることを意味する」と述べた。 38万人の有権者を対象とした朝日新聞も「投票日に向けて鳥類が変わる可能性は依然としてある」と話した。

去る7月市議会選挙で自民党が最も多い議席を占めたが圧倒的な過半数を確保できなかった日本首都東京で有権者たちは与党の見通しについて意見が交錯した。

自民党は1955年以来4年を除いて日本を統治しました。 [Behrouz Mehri/ AFP]

支持者たちは、自民党がファンデミックに対応する初期遅延にもかかわらず、人口の70%が現在のウイルスに対して完全に予防接種を受けられるようにしたと考えています。 彼らはまた、感染率が今週記録的な最低値に低下し、東京では月曜日に17人の新しいCOVID-19症例を記録し、大流行が最高潮に達したときに1日に6,000件が感染したと明らかにした。

コロナ19成功

27歳のマーケティングディレクターであるMari Naraharaは、「COVID-19への政策対応の改善…海外旅行や外食の自由を含む日常生活にさらに戻る」ことを希望し、自民党に投票すると述べた。 。

日本では、感染症が始まって以来、少なくとも18,000人がCOVID-19で死亡し、170万人が感染しました。

一ヶ月前、人気のない菅吉吉の後を継いだ岸田は、連合の目標を233席に設定し、金曜日に日経と読売新聞が発表した世論調査によると、自民党だけではその数値を達成するのが難しいことがわかりました。

自民党を批判する人々は、党がより早く対応したならば、日本はコロナ19による死者数を減らすことができただろうと言います。 そして、彼らはファンデミック対応(岸田内閣に対する支持率が50%未満に維持される)に対する公衆の不満と団結した野党が日本政治で自民党の支配を終息させることができることを願っています。 党は1955年以来4年を除いては日本を執権してきた。

着物モデルの桜子あまてさるは、多くの人々が自民党に反対して投票すると予想していると述べています。

「改革が必要だと思います。 コロナを経験しながら国民の健康と経済を守る政党が必要だと思う」と話した。 「今回の選挙が投票率を高めて自民党の一党政治を終息させると信じています。」

桜子アマテラス「政党は経済と公衆衛生を保護しなければならない」 [Shiori Suzuki/ Al Jazeera]
鈴木玲子「日本共産党に投票しよう」 [Shiori Suzuki/ Al Jazeera]

日本共産党の支持者である鈴木玲子(86)も日曜日に「多くの人々が他の政党に投票するだろう」と話した。 彼は「これが自民党の一党政治を変えると信じている」と述べた。

岸田の「新資本主義」

英語の先生である浦原一原氏は、「前よりも多くの人々が自民党以外の政党に投票する」と期待していると語った。 61歳の彼女は、まだどの政党を支持するかを決めていないが、自民党に投票しないと述べた。

「彼ら [the LDP] これまで状況をうまく対処できず、国民を考えないようだ」と話した。

一原の懸念の中で一番大きいのは、日本の貧富格差が拡大していることです。 多くの与党批評家は、安倍晋三元首相の代表的な経済政策プラットフォーム「アベノミクス」によるものです。 2020年辞任。

当初「アベノミックス」は良い評価を受けたが、労働者の実質賃金は上げず、企業の利益だけを引き上げるという批判を受けてきた。

北田は、そのような批判を受け入れ、「できるだけ多くの人々の収入と給与を上げる」と言う「新たな資本主義」を求めることで、収入の不平等を解決すると約束した。

しかし、批評家は、労働者の賃金を引き上げる会社に対する税インセンティブに加えて、首相はこの問題を解決する方法について詳細を提供していないと述べています。

しかし、野党もない。

少なくとも毎日新聞と朝日新聞の最近の社説によると。

「10月18日、国会で開かれた指導者討論会で、ほとんどの政党は経済的「再分配」を強調しました。 しかし、これがどのように具体的に行われ、資金がどこから来るのかについての良い説明は誰もいなかった」と先週、毎日社説で嘆いた。

「当事者は、日本社会の富の歪みを綿密に見て、それを解決する方法に対する彼らの強力なビジョンのために競争しなければなりません。」

梅本みつる「全日本政党は全く同じだろう」 [Shiori Suzuki/ Al Jazeera]
加藤むすみ「日本野党も今回議席増やす」 [Shiori Suzuki/ Al Jazeera]

64歳の事業主Mitsuru Umemotoは、提案された政策解決策が多様であるか、刺激的ではないことに同意します。

未定の有権者は「正直、私がどの政党に投票するかは重要ではないと思う」と話した。 「彼らはみんな同じだろう」

それにもかかわらず、経済と公衆衛生が最も懸念される梅本は投票すると述べた。 そしてまだ選択をしなければなりませんが、実業家は自民党が再び勝利すると期待しています。

ロビストの加藤武美(60)も自民党がまた別の勝利に向かって進んでいると信じると話した。

しかし、野党も今回議席を増やすと思う」と話した。

「自民党と野党の議席数がバランスを取れば、きちんとした改革がなされると信じます。」

鈴木翔樹は東京で報告を寄稿しました。

READ  トランプ陣営がFOXニュース批判 "アリゾナ、数十万票が残ってから無茶な判断」 - 読売新聞

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close