スポーツ

日本酒事業者、Z世代誘致のためにノンアルコール飲料に切り替え

アイリーン・ワン(Irene Wang)とトム・ベイトマン(Tom Bateman)

TOKYO(Reuters) – 岡本真中は、お酒をたくさん飲む大学生という長い固定観念を破り、翌日のスケジュールを考慮した後、お酒を飲む。

岡本(22)は「早く起きなければならないのに、「あ、お酒は自制しなければならない」と思えば、一人でお酒を飲む時、お酒を感じるためにノンアルコール飲料を買いに行く」と話した。 東京レストランで言った。 「もちろん、お酒を飲まない友達とおしゃべりをするときに乾杯をするのも良いです。」

低アルコールとノンアルコール飲料の人気は世界中で増加し、ファンデミックに加速し、多くの人々が健康をより意識するようになりました。 IWSRの研究者によると、このセグメントの世界市場価値は2018年の78億ドルから2021年の100億ドル未満に増加しました。

その効果は、人口が減少し、若者が過去数十年よりもはるかに少なく飲む日本で特に顕著でした。 政府の調査によると、2019年の日本20代のうちわずか7.8%だけが定期的に酒を飲んだ。 1999年には20.3%だった。

酒類の販売収入が着実に減少するにつれて、日本の税務署は昨年7月に若い層の需要を刺激する方法についてのアイデアを探すコンテストを始めました。

日本の主要飲料メーカーも成長のために海外を探しています。 国内ビールのリーダーであるAsahi Group Holdingsの代表は先月、ロイターに北米を核心市場としていると述べた。 サントリーホールディングスグループは、そこで缶カクテル事業を拡大しようとしています。

自宅では、会社は酒を飲まない人のためのバー体験を改善するための新しい方法を提案しています。

最近の午後、六本木のナイトライフで、ほとんどの若い女性が東京で最も高い建物の陰に設置されたノンアルコール「ビールガーデン」に集まりました。

ビアガーデンは日本の夏の伝統ですが、サントリーと放送局のテレビ朝日が広報したこのビアガーデンはビールをスキップし、お客様にネックテールとノンアルコールワインのラインナップを提供しました。

杏子小浦サントリー総支配人は「消費者は単にお酒を楽しむのではない。私たちはお酒を飲むときに起こるコミュニケーションをより重要に考えたり、彼らが飲む場所の雰囲気を楽しみたいと思う」と話した。

競合他社のKirin Holdings Coは、アルコールフリーのワイン、カクテル、ビールを提供しています。 同社側は6月まで3ヶ月間、無酒ビール販売量が1年前より2倍以上増えたと明らかにした。

札幌ホールディングス(Sapporo Holdings Ltd)は、6月まで半年間、低アルコールビールとノンアルコールビールの内需販売が20%増加したのに対し、缶詰ビール販売は4%減少したと明らかにした。

渋谷に新しくオープンしたスマドリバー(Sumadori Bar)は、日本語で「スマートドリンク」を意味し、ノンアルコールまたは最大3%まで作ることができる洗練された砂糖を添えたカクテルを提供しています。 朝日が率いるベンチャーの最高経営責任者(CEO)である水原かじらは、誰もが一緒に飲み物を楽しむことができる環境を提供すると述べた。

Kajiuraはインドネシアで2年間働いており、ほとんどがイスラム諸国であるインドネシアでの経験が、飲酒をしない人々のためのおもてなし環境を作り上げたことに感謝したと述べました。

カジウラは「このバーの目的は、お酒を飲まないお客様を大切にし、お酒を飲む人と一緒に幸せに来ることができるようにすることです」と話しました。 「他のレストランやバーが私たちの目標を理解できれば、より多くの顧客を獲得できると思います」

(Irene Wang, Tom Bateman, Akiko Okamoto, Rocky Swiftの報告. Gerry Doyleの編集)

READ  La Salleの優れたBaltazarは、PBA新人ドラフトをスキップし、代わりに日本のB.Leagueに参加します。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close