スポーツ

日本鈴木、インドに新たなグローバル研究会社設立

日本の鈴木自動車(Suzuki Motor Corp)社長は、日曜日にインドに新しいグローバル研究開発会社を設立し、積極的なインド投資を続けると鈴木豊広社長が語った。

Suzukiは、Suzuki Japanが100%所有する子会社であり、インドだけでなくグローバル市場のR&D競争力と能力を強化するのに役立ちます。

彼はナレンドラ・モディ(Narendra Modi)インド首相と岸田文夫(Fumio Kishida)日本首相が出席したイベントで、「インドは鈴木グループにとって最も重要な国の一つになった」とし、鈴木がインドに投資し続けると付け加えた。

インドでスズキの40周年を記念して、モディはグジャラートにスズキ電気自動車バッテリー製造施設と北ハリヤナ州にマルティスズキ自動車製造施設の2つの主要プロジェクトの基礎を築きました。

Suzukiは、小型で安価な車でイン​​ドの自動車市場を支配しているMarutiの大株主です。 しかし、バイヤーはスポーツユーティリティ車(SUV)などのより大きな自動車に移動し、規制当局がより安全で環境に優しい車を必要とし、コストが増加するにつれて、会社は競争の激化に直面しています。

Suzukiにとって、インドは売上と利益の面で最大の市場の1つであり、Marutiを支え、リーダーシップの位置を維持するためにこれまでに6,500億ルピー(81億ドル)を投資した市場の1つです。

鈴木グループの昨年、全世界で生産された280万台の自動車の60%以上がインドで生産されたと鈴木社長が日曜日明らかにした。

スズキは、2017年にグジャラートからマルティ、ラテンアメリカ、アフリカなどの国への輸出のために自動車を生産し始めました。

去る3月、日本自動車会社はインド工場に1044億ルピーを投資し、2025年から電気自動車(EV)を生産し、1年後にバッテリーを生産する計画だと明らかにしました。 この工場は年間750,000台の自動車を生産することができます。

Live Mintですべての企業ニュースとアップデートを確認してください。 毎日のマーケットアップデートやライブビジネスニュースを入手するには、Mint Newsアプリをダウンロードしてください。

少ない

購読 ミントニュースレター

* 有効なメールを入力してください

* ニュースレターを購読していただきありがとうございます。

READ  2022年フォーミュラ1:スポーツの新しいレーシング時代の記録23個のレースカレンダー公開

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close