経済

日本鈴木インク、スカイドライブと「空を飛ぶ自動車」開発・販売

日本自動車メーカーの鈴木自動車(Suzuki Motor Corp)と「空を飛ぶ自動車」会社のSkyDrive Inc.が、電気、垂直離着陸航空機の研究、開発およびマーケティング協力のための契約に署名したと火曜日に明らかにした。

共同声明では、両社は、スズキが自動車市場の約半分を占めるインドに初期の焦点を合わせて、新たな市場を開拓するよう努めると述べた。 Suzukiは、日曜日に電気自動車とバッテリーを生産するためにインドの工場に1044億ルピーを投資する計画を発表しました。

当社は、パートナーシップに関する投資の詳細を開示しておらず、生産スケジュールや目標を説明していません。

2018年に設立された東京に本社を置くSkyDriveは、貿易会社Itochu Corp、技術会社NEC Corp、エネルギー会社Eneos Holdings Incの1単位など、日本の大企業を主要株主として含んでいます。 ウェブサイトによると、2020年シリーズBファンドで合計51億円(4200万ドル)を募金した。

スカイドライブは現在本格量産を計画している小型2人乗り電気フライングカーの開発に拍車をかけている。 ステートメントは、鈴木がこの特定の車両に取り組むかどうかについて話していませんでした。

貨物ドローンも開発している同社は、日本都市が世界エキスポを開催する2025年大阪で「空を飛ぶ自動車」サービスを発売することを目指している。

鈴木は今回のパートナーシップを通じて、自動車、オートバイ、船外機の他に4次モビリティ事業で「空を飛ぶ自動車」を追加する予定だと明らかにした。

さらに読む:日本のスズキモーター、インドでのEV製造のためのRs 10,440 cr投資

さらに読む:HULのMDH買収は、Win-Win取引になる可能性があります。

READ  BlackRockのLarry Fink、年次メールでより抜本的な気候目標設定

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close