トップニュース

日本銀行、物価圧力上昇にフラグを付け、超緩和政策を維持

  • BOJ、金利目標を変更せずに維持する可能性
  • 政策決定予想 0230-0500 GMT
  • 取締役会は四半期報告書で新たな予測も発表する予定です。
  • BOJ、2022年度価格見通し小幅アップ調整
  • 黒田知事はメディアに0630 GMTブリーフィング予定

東京、1月18日(ロイター) – 日本銀行は火曜日のインフレ展望を上方修正し、日本のデフレ事故方式に変化の兆しを見せると予想されます。 頑固に高いグローバル商品のコストにより、より多くの企業が価格を引き上げる必要があるからです。

しかし、インフレが目標値の2%未満に維持されると予想される中で、BOJは、グローバル通貨政策が危機モードから抜け出しても超緩和通貨政策を維持するという決意を強調します。

火曜日に終わる2日間の会議で、BOJは短期金利目標値を-0.1%に維持し、長期金利を0%レベルに維持するという約束をそのまま維持すると予想されています。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

会議の後の四半期の見通しレポートでは、BOJは4月上旬にインフレ予測を現在の推定値である0.9%からわずかに上回るとニュースがロイターに語った。 もっと読む

ポストは、10月の評価と比較して、最近の報告書は、インフレ圧力の上昇と物価の見通しに対するリスクバランスの変化を強調することができると述べた。

黒田春彦BOJ総裁は先週の演説で「日本のインフレは生産量格差が改善され、中長期インフレ期待が高まるにつれて傾向に徐々に加速するだろう」と話した。 もっと読む

中央銀行は、最近のインフレ加速の兆候が続くかどうかについて徹底的な分析を実行する計画を表示することもできます。 もっと読む

インフレは、経済が牽引力を得ているためではなく、外部要因のために中央銀行の目標に向かって徐々に近づいています。 これは、最近の価格の動きが将来の通貨政策にどのような影響を及ぼすかを説明する政策立案者にとって問題を複雑にする。

卸売インフレーションの急上昇と円安の輸入コストの上昇により、様々な商品の価格が引き上げられ、賃金の上昇が遅い時期に家計に打撃を与えました。

一部のアナリストは、4月頃のコア消費者インフレが1.5%を超えると予想しています。 昨年の携帯電話料金引き下げによる負担が減り、過去の原油価格上昇で電気料金が引き上げられたためです。

期待していた内需の上昇よりも原材料価格の上昇による上昇のため、BOJの短期優先順位は、早期緊縮政策に対する市場の推測を惹きつけて一時的なインフレを避けることです。 もっと読む

しかし、上昇する物価圧力をあまりにも割引すると、将来の物価上昇に対する公衆の認識が弱まり、インフレを目標値まで引き上げようとするBOJの努力が失われる可能性があるとアナリストは言う。

これに精通した消息筋によると、BOJは政策展望を議論するとき、家計に購買力を与えるほど賃金が引き上げられ、企業が価格を引き上げ続け、インフレを持続可能に加速できるかどうかに焦点を当てると言います。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Jacqueline Wong 編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本最大融資機関であるMUFG、第4四半期の純利益64.4%減少

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close