技術

日本銀行はデジタル円を発行するために急がない

CBDC:日本の銀行はデジタル円発行に急がない。 ここに彼らの計画があります。 (写真ベルーズMEHRI / AFP提供)

  • BoJは、マイナス金利を達成するためにデジタル円を発行しないと述べた。
  • 銀行は技術的妥当性をテストし、概念証明の第2段階を進めています。
  • CBDCがあるかどうかにかかわらず、BoJは日本以外の地域での使用にはあまりにもユニークなシステムを避けたいと考えています。

世界中の国々は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の長所と短所を探索してきました。 主要な中央銀行は、CBDCに関連する政策問題の深い評価を多数発表している。 日本、 最初のステップを開始した後 2021年4月のコンサート証明(PoC)が今月2段階に進みましたが、グローバル過大広告にもかかわらずデジタル円発行を急ぐことはありません。

BoJ商務取締役 内田信一 彼のスピーチで 昨日、CBDCへの連絡と調整委員会の3回目の会議で、「BoJは計画どおりCBDCに必要なコア機能と機能の技術的妥当性をテストすることを目的としたPoCステップ1を完了し、次のステップに進みました。 PoC 2段階。

PoCが完了した後に銀行がさらに進む必要があると判断した場合、金融機関と決済サービスプロバイダーが参加するパイロットプログラムを検討することをUchidaは言いました。 彼は「PoC Phase 2では、ステップ1で探索したコア機能にCBDCのより複雑な追加機能を実装し、技術的妥当性と課題を調査する計画」と付け加えた。

国の中央銀行は実際に何度も強調した。 近いうちにCBDC発行計画なし しかし、BoJがそれを行うには、デジタル通貨が民間部門の支払いサービスと共存する必要があるとUchidaは言いました。 しかし、現時点では、Uchidaは、決済システム全体の観点から、これらの個々のビジネス行動が市場の分裂および市場支配の問題を悪化させる可能性を無視できないと述べた。

「このような問題が現実化するのを防ぎ、決済および決済システムを安全かつ円滑にするためには、民間決済サービスで「非収益」部分を提供する方法を考慮する必要があります。 そのような収益性がない理由は、支払いサービスプロバイダが全体的な安全性と相互運用性を保証するための費用を負担する可能性があるためです。 したがって、一つの政策的選択は、金融圏全体または社会全体が「非収益」部分を非競争分野として集合的に提供することだ」と付け加えた。

日本の銀行は、発行された場合、デジタル円に関する2つの基本的なアイデアを持っています。

上田は、スピーチで日本が考慮すべき2つの基本的なアイデアを思い出した。 まず、中央銀行が認めなければならない。 公益としてのCBDCの役割 民間部門決済サービスとの共存を保証します。 第二に、「水平共生」に加え、CBDC生態系内で多様な主体が役割を分担する「垂直共存」が重要になるだろう。

エコシステムの潜在的な設計は、中央銀行が公共財としてCBDCを発行し、民間企業がエンドユーザーが独自のオーバーレイサービスでCBDCを使用できるようにする構造を想定しました。 「私たちはまた、民間企業が開発したさまざまなインフラやプラットフォームを介してCBDCが循環する構造を想定することができます。 このような生態系を通じ、民間企業は非競争分野への冗長投資を避け、相互運用性を保障しながら革新し競争できる環境を造成できるだろう」と話した。

Uchidaによると、CBDCの潜在的な設計を探索する際のもう一つの重要な点は、中央銀行が開発するCBDCのコアシステムが非常に安定している必要があることです。 「CBDCは一般大衆全体が使用しているため、CBDCシステムは サイバー攻撃の対象、民間企業が提供するデジタル決済サービスと比較されます。 また、CBDCシステムがサービスを中断すると、社会的影響がさらに大きくなることをよく認識しなければならない」と強調した。

銀行が現在CBDCを発行する計画がないという事実を繰り返しながら、UchidaはCBDCを発行するかどうかの決定は、銀行または金融セクター単独で行うことができないと思います。 「日本国民が判断しなければなりません。 これには、前述の2つの問題を考慮する必要があります。 まず、中央銀行が提供する公共財としてどのようなCBDCが適切なのでしょうか。 第二に、非常に安定したCBDCエコシステムを構築する方法です。

ステップ2 PoCではどうなりますか?

PoCステップ2では、銀行は、予測不可能な銀行預金の移動を防ぐためにCBDCの取引量および/または保有量の制限を設定する機能を探索する予定です。 銀行はまた、報酬機能を考慮すると、専務理事はCBDCの補償を必要としないかもしれないと付け加えた。

「これらの機能をマイナス金利を達成する手段として使用するアイデアが時折学界で議論されていますが、銀行はこの理由でCBDCを導入しません。 そのような動機が一般大衆の支持を受ける可能性はほとんどありません。 さらに、現金が存在する限り、そのような補償機能は運営上非現実的であろう」と述べた。

BoJはまた、CBDCが発行された場合にCBDCのより具体的なシステム設計オプションを提示し、今年の会計年度に世論を求める機会をさらに模索しています。 CBDCがあるかどうかにかかわらず、Uchidaにとって最も重要なことは、日本が海外で使用するにはあまりにもユニークなシステムを避けるべきだと思います。

「合わないシステムは グローバルスタンダード 国内需要にどれだけうまく合っていても、デジタル世界で不利な位置に置かれることでしょう。 主要中央銀行間のコラボレーションを重視しながらも、グローバルトレンドに綿密に従い、これを形成することに貢献することが目標だ」と述べた。





READ  コメント| Kovid-19ファンデミックはこのようなものである必要はありませんでした

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close