日本銀行は政策正常化を進める予定です。 現在、未発行債券の50%を保有しています。

1 min read
読売新聞
上田一雄日本銀行総裁が去る金曜日、日本銀行本店で記者会見をしている。

日本銀行は去る3月終了した大規模通貨緩和措置を外して政策正常化を慎重に進める計画だと観測者らは伝えた。

これは、BOJ政策立案者が国債の購入を減らすために金曜日に投票した後に行われ、具体的な詳細は7月30〜31日に行われる次の金融政策会議で決定される予定です。 上田一雄BOJガバナーは、これを市場参加者の意見に基づいて設けた「例外的措置」と説明しました。

柔軟性の保証

上田首相はこの日終わった政策会の後、記者会見で「国債市場の安定性を考慮して柔軟性を確保し、予測可能な方法で国債の買い取りを減らすことが適切だ」と明確な案の提示が必要だと強調した。 市場参加者。

BOJは去る3月マイナス金利政策を終了し、収益率曲線統制(YCC)を廃止することに決めた。 しかし、長期金利の急騰を避けるため、過渡期的措置として月6兆円程度の国債を買い続けた。 去る3月から市場が政策変化をどのように消化したかを評価してきており、上田は今回の評価が今「ほとんど完了した」と説明した。 ただし、債券購入の減少により市場が不安になる可能性があるため、市場参加者の意見を慎重に考慮する必要があります。

成長するバランス

BOJの国債保有量は2013年4月、黒田春彦元総裁が量的・質的緩和を開始した後、急速に拡大した。 短期金利がゼロに近く、追加引き下げ余地がほとんどない状況で市場に資金を供給する目的だった。 価格を上げるために国債を大量購入する方式だ。

BOJは2016年9月にYCCを導入し、通貨政策ツールを市場流動性供給から長期および短期金利の操作に転換しましたが、債券保有量は増加し続けました。

2023年末基準でBOJの国債保有額は581兆円に達する。 買取金額が買戻し金額より低くなると保有量が減るだろうが、上田教授は「日本銀行は全体の国債発行量の50%を保有している」と指摘した。 1~2年以内には望ましい水準に到達できないだろう」と話した。 彼は保有資産を減らすことが長期的な努力になると指摘した。

田中隆之仙州大通貨政策教授は「残高を減らすには購入金額を月3兆~4兆円程度に減らさなければならない」と話した。

READ  サウジアラビア、アジアの反騰に予想以上に原油価格を引き上げる
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours