日本銀行は進路を変える勇気が必要

Estimated read time 1 min read

著者は、FTの投稿編集者であり、Krollのグローバルシニアエコノミストです。

日本銀行は去る12月10年満期の国債取引範囲を25bpから50bpに拡大して市場に衝撃を与えた。 投資家たちは、2年から10年の収益率を2015年以来最高値に押し付けると答えた。しました。

黒田春彦日本銀行総裁 馬を大切にしていた 政策変化の兆候ではなく、単に市場機能を支援するための努力でした。 なぜですか?

経済活動を促進し、インフレを促進するために、2016年に収益率曲線制御が導入されました。 現在、日本のインフレは継続的に目標値である2%を上回っています。 コアインフレ率(新鮮食品を除く、エネルギーを含む)は11月に3.7%で40年ぶりに最高値を記録しました。 BoJが方向を変える勇気を呼び起こす時です。

投資家の損失と市場の破裂のために苦しむ他の中央銀行の経験に基づいています。 待ち時間が長いほど悪くなることがあります。 一部の日本国債の流動性はすでに希薄であるため、グローバル流動性が低下した時点で、市場の混乱は通常よりも大きく、より速くなる可能性があります。 BoJはとにかく推進しなければなりません。

これまで市場は同意しているようです。 JGB先物は、投資家が今年10年の取引バンドが50ポイントより広くなると期待していることを示しています。 BoJが直接影響を与えない市場である指数スワップは、24bpの金利引き上げにも価格が設定されていることを示しています。 現在、BoJはJGB発行の半分以上を所有しています。 それはすでに10年間薄くなった取引です。 投資家が引き続きBoJに挑戦する場合、BoJは最終的にすべての債券を購入または放棄する必要があります。

一方、今後12ヶ月間、10年の国債国債の内在変動性は1年前の約3倍です。 10年の収益率が9年と11年の収益率を下回ると、収益率曲線がねじれます。 これは商業銀行の利益に影響を与え、ローンへの意欲を低下させ、潜在的に成長を弱める。

岸田文夫(Kishida Fumio)首相政府は、黒田首相が4月に退任すれば、日本銀行に政策見直しを要請することを提案した。 これが中央銀行が今行動しなければならないもう一つの理由です。 市場は未熟な後継者よりも信憑性のある巧妙なガバナーの下で政策変化をより順調に消化するだろう。 1994年にペソが取引できる範囲を広げ、テキーラ危機を引き起こした当時の新しいメキシコ政府のメンバーに聞いてください。

一つの反論は、日本のインフレが持続不可能であるということです。 他の場所と同様に、現在の急上昇は世界的なエネルギーと食品価格と通貨の弱さ(いわゆるコストプッシュインフレ)によって主導されています。 BoJ経営者は、賃金が早く上がるまでデフレが消えないと主張しているが、今年 スント 組合賃金交渉 高いインフレを補償するために、より大きな賃上げをもたらすと予想される。 これは、BoJが見たいタイプの需要牽引インフレを生成します。

BoJはまた、多くの先進国が今年末に低迷する前に、緊縮政策を展開する必要があります。 ヘッジ市場は円への価値転換を促す傾向があります。 世界経済が弱勢を見せる状況で基調を変えると円高が激化し、日本の輸出競争力が弱まり、デフレに寄与することになる。

歴史は、終了利回り曲線制御が順調に進まないことを示唆している。 連盟は、1942年から1951年まで、米国の戦争資金調達のために利回りを制限しました。 YCCは企業を小川状態にした。 金利の仮定と制限が終了すると、崩壊したボラティリティの仮定により、長期債権を保有している投資家の損失と住宅ローン市場の急激な混乱が発生しました。 オーストラリア中央銀行は2020年3月から2021年11月までYCCを実施しました。 政策の事後分析RBAは、市場参加者が「2021年後半の出口が無秩序で銀行にわずかな評判を与えた」ということを信じていなくても、それを維持していることを認めました。

混乱を最小限に抑えるために、BoJは反応機能について明確にする必要があります。 最終的にYCCを完全に放棄し、代わりに9月に英国の国債市場で見られるような負債価格の急激な変動を最小化することを目指すと発表しなければなりません。

市場波及効果の発生は避けられない。 しかし、BoJはあらゆる種類のシステム崩壊を防ぎながらコースを維持する必要があります。 緊急通貨ポリシーを終了するために、他のすべての主要な中央銀行に参加する必要がある時です。

READ  巨人・岡本待望の今シリーズ初安打! ...と思ったら、要求の無念のキャンセル - goo.ne.jp
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours