日本銀行(BoJ)の調査によると、メーカーはインフレが減少するにつれて経済にとって楽観的であることを示しました。

Estimated read time 1 min read

バンコク(AP) — 日本銀行の企業心理の四半期調査によると、日本の大手メーカーは過去数ヶ月間、さらに楽観的な態度を見せ、他のデータでは経済が萎縮する姿を見せたが、第3四半期連続改善傾向を見せた。 。

中央銀行 「ダンカン」調査、 水曜日に発表されたこの資料は、10月のプラス9と6月のプラス5で上昇した主要メーカー間のビジネス心理をプラス12として測定しました。

3ヶ月ごとに実施される短観調査は、経営状況が肯定的だと答えた企業から否定的だと答えた企業の数を差し引いて企業心理を測定します。 これは世界3位の経済大国の未来動向を表す先導的指標とみなされます。

今回の調査では、主要な非製造業体感審理は、以前の調査の+27から+30に3ポイント上昇したことがわかりました。 これは第7四半期の継続的な改善であり、約30年で最も肯定的な結果でした。

ファンデミックによる暗い時期以降、海外観光が回復し、企業活動や国内旅行が再開され、小売業やレジャー活動の反転に貢献しました。

しかし、米国やその他の主要市場の高い借入費用により、日本の輸出に対する需要が萎縮し、成長が遅れている。

金曜日に発表された更新されたデータによると、日本経済は7~9月四半期に前年同期比2.9%萎縮し、以前の予想よりも悪化したことがわかりました。

キャピタル・エコノミクスのMarcel Thieliantは、顧客に送ったメモでは、「「タンカン」の継続的な改善は、第3四半期のGDPの低下が一時的な現象に過ぎなかったことを示唆していますが、それでも来年はGDPの成長が急激に鈍化すると予想しています」と述べました。

ダンカンの3ヶ月後、大型メーカーの景気見通しの見通しでは、状況が悪化すると予想して4ポイント下落した+8を記録しました。 非製造業者も見通しが6ポイント下落した+24で悲観的でした。

金融政策に対する日本銀行の立場を鋭意注視しており、多くの市場観測者は日本銀行が今後数ヶ月以内に長期のマイナス金利政策から抜け出すと予想しています。

12月19日に終了する政策会議では、大きな動きはないと予想されます。 最近の価格データによれば、インフレ圧力が緩和され、中央銀行が経済状況への懸念で方向を変え、金利を引き上げる可能性を減らすことができます。 もっとゆっくり。

READ  自民党が国防強化のためのNTT株式の売却を検討
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours