経済

日本銀行(BOJ)理事会の改編により、あまり鳩のない会員獲得ロイター

©ロイター。 FILE PHOTO:2020年5月22日日本東京でコロナウイルス感染症-19(COVID-19)が発生する中でマスクをかけた男性が日本銀行本社の前を通り過ぎている。

木原レイカ

東京(ロイター) – 日本銀行(BOJ)が理事会を改編し、鳩派的な前任者より超低金利終息に熱心なものと思われる新しい理事を迎え入れた。

元民間経済学者の高田ハジメと商業銀行で合流したもう一つの新人田村直樹が政府の公式任命により月曜日午後5時(0800 GMT)に共同創立記者会見を持つ予定だ。

彼らは、積極的な通貨緩和を熱心に支持した元経済学者片岡小市と7月23日に任期5年が経過する元商業銀行家鈴木仁志を交換します。

この改編は、黒田の2番目の5年任期が来年4月に終わるBOJ指導部交代に先立って行われた。 彼の二人の議員の任期も3月に切れる。

債券市場の専門家である高田は、市場での黒田の長期的かつ大規模な景気扶養プログラムを撤回するために、よりオープンであると考えています。

彼は、ある研究ノートで、欧州中央銀行(ECB)が米国連邦準備制度(Fed)の通貨扶養策の撤回に従った場合、BOJが超緩和政策から抜け出すことを考慮しなければならないという圧力を受けることができると述べた。

これらの見解は、超低金利に対するBOJのコミットメントを強化することによって扶養を強化することを継続的に提案したフルタイム・カタオカと対照的です。

ECBは先週11年ぶりに金利を引き上げ、インフレが急上昇するのを防ぐために中央銀行が緊縮通貨政策を展開することに参加した。

そのため、BOJは残りの数少ない中央銀行の1つで、資金タブを開いたままにしました。 黒田は先週、BOJが極端に緩い金融政策を維持することを決めた後、超低金利を維持するという彼の決意を繰り返した。

READ  Covid-19:オリンピックを再考する時です

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close