日本鋼はCO2排出量を削減するために水素技術を発展させています。

Estimated read time 1 min read

Japan 2 Earthの全内容を読む – 日本鋼はCO2排出量を削減するために水素技術を発展させています。

新日本旬 CO2排出量を大幅に削減する次世代の鉄鋼技術に進んでいます。 伝統的に鉄鋼は鉄鉱石を原料として抽出した酸化鉄で鉄鋼を生産する。 石炭(炭素)との化学反応(還元)により酸素が除去され、CO2が排出されます。 これには、製造された鋼鉄1トンあたり約2トンのCO2排出量が含まれます。

次世代技術では水素が石炭の役割をする。 テスト施設では、日本鋼は鉄鋼製造部門で世界最大の排出量を削減した33%の排出量を削減しました。


石川観光客バナー

温度調節が重要です

開発中の技術は高炉用水素還元という。 これは政府のグリーン革新基金を活用して新エネルギー産業技術開発機構(NEDO)が推進する研究課題の一環である。 新日本製鉄が主導権を握っている。

高炉は鉄鉱石を原料として鉄鋼を大規模に生産します。 高温は摂氏1,500度まで上がることができます。 石炭を用いた還元は、熱を放出する発熱反応で鉄の溶解と共に持続的に行うことができる。

一方、水素還元は熱を吸収する吸熱反応である。 これは炉の温度を下げ、還元と鉄の溶解が連続的ではないことを意味します。

続きを読む 完全な物語 ~へ 日本2地区 新日本製鉄の脱炭素化計画の詳細をご覧ください。

広告


G7サミットバナー

そして、持続可能な未来への移行を促す当社アフィリエイトウェブサイトジャパン2アース(J2E)で、環境とSDG達成の課題についてのより良い記事を見つけてください。

関連:

記事を日本語で読んでください。)

作家:池田のぼる

READ  DMRC、Delhi Metroの1段階、第2段階と3段階のプロジェクトで、日本の優れた土木工学賞受賞
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours