日本開発者が50万個以上販売した日本の人気小規模インディーゲームを披露します。

1 min read

最近、X(旧Twitter)で日本のインディーゲーム界が商業的なヒット作を生産しないという暗示を出したことに対して、日本の1人開発会社であるMiyako Publishingは、高い評価を受けて最も売れているインディータイトルが多いことを証明し始めました。 中 メモ項目50万枚以上販売されたことが知られている(または推論可能な)10人以下の開発者が作ったタイトルを披露します。

50万の範囲には、Downwell、Touhou Luna Nights、BOKURA、The Exit 8などのタイトルがあります。 Ojiro Fumoto(Moppin)の縦スクロールシューティングゲームDownwellは、Steam、モバイルプラットフォーム、モバイルプラットフォームのレビューデータを合計した結果、50万個以上販売されたと推定されます。 任天堂ストア。 このゲームは2015年からシンプルながらもスリリングなゲームプレイでプレイヤーの心をひきつけ、Steamで圧倒的に肯定的な評価を受けています。

東方ルナナイト

Touhou Luna Nightsは東方プロジェクトファンゲームという点でベストセラーリストに入ったユニークな作品です。 評論家の称賛を受けた2Dメトロバニアは、日本のインディスタジオTeam Ladybugが2019年に開発し、急速に世界中のプレイヤーの関心を集めました。

BOKURAとThe Exit 8はどちらも1人の開発者が制作しました。 しかし、前者は静かでストーリー中心の2人用パズルゲームであるのに対し、後者はストリーマーとの互換性のおかげで口コミが出た不気味な異常現象を発見するウォーキングシミュレーションです。 The Exit 8の成功にインスピレーションを得て、クリエイターKotake Createは最近公式の続編をリリースし、これも好評を得ています。

Astlibraのリビジョン
Astlibraのリビジョン

700k+単位の範囲は次のとおりです。 ASTLIBRAリビジョンは日本のインディー開発会社であるKEIZOが14年にわたって完成した2DアクションRPGで、評論家たちから「傑作」という賛辞を受けました。

最後に、公式に百万枚以上販売されたことが確認されたインディータイトルの中には、ダークファンタジーメトロバニアRPGのようなゲームがあります。 ENDER LILIES: 騎士団の沈黙 (誰の コア開発チームは10人で構成されています)と農業シミュレーションと横スクロールアクションゲームが出会いました。 佐久奈:米と破滅の。 これら2つのタイトルは小さな開発規模と比較してスタイリッシュでプレーヤーを驚かせましたが、1人が編んだバイラルPIKO PARKはシンプルさで波を引き起こしました。 数百万枚のインディーヒット作のリストはカラフルですが、暗いストリーマー育成シミュレーターNeedy Streamer Overloadで仕上げられています。 このゲームはSteamで圧倒的に肯定的な状態を維持しています(33,000レビュー中)。

貧しいストリーマー過負荷
貧しいストリーマー過負荷

余談ですが、このリストの開発者であるMiyako Publishingは現在、茶煮込みアドベンチャーゲームタイトルを取り組んでいるソロクリエイターです。 ラブソーティ


READ  IHGホテル&リゾート、2021年大阪にヘッドラインオープンとともに日本でホリデイ・インエクスプレスブランド発売
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours