日本陸軍訓練場銃撃で2人死亡

Estimated read time 1 min read

水曜日、日本中部のある訓練場で、新兵が同僚兵2人を射殺して1人に負傷したと軍当局が明らかにし、18歳容疑者は現場に拘禁された。

陸上自衛隊は声明を通じて「新規人事訓練の一環として実弾射撃訓練を行っていた中、自衛隊候補1人が3人に向けて発砲した」と2人の死亡を確認した。

犯人は4月に入隊した18歳の自衛隊候補で、陸上自衛隊参謀総長は 森下康典 彼は記者たちに、彼が他の兵士によってその場で拘禁されたと付け加えた。

森下は「この種の事件は武器を扱う組織として絶対許せないことであり、非常に真剣に受け入れる」と話した。

彼は、3人の犠牲者が彼らの関係をより詳細に説明することなく、スコープで攻撃者を含む新入社員を訓練する任務を受けたと述べた。

現在、身元が公開されていない容疑者は25歳の軍人殺害未遂の疑いで起訴されたと現地警察の広報担当者が明らかにした。 AFP通信識別を拒否します。

生徒は「死ぬ意図で被害者にライフルを発射した」とスポークスマンは言った。

国営放送 NHK 死傷者は50代男性1人と20代男性2人だと報告しました。

死傷者の詳細なアイデンティティはまだ正式に確認されていません。

放送局で放送した航空映像には、兵士と民間人が緊急車両周辺に集まっており、警察が近隣道路を封鎖する姿が込められています。

いくつかは靴と頭に覆われた捜査官として見えました。

地元住民が言った。 NHK 彼は現地時間で午前9時30分(GMT 0030)頃に複数の緊急車両がその地域に突進するのを見たが、その前には何も聞こえなかった。

森下氏は、自分の知る限り、怪我や死亡を招いたGSDFエージェントの銃器乱射事件が、1984年に山口キャンプで最後に発生したと述べた。

最近の出来事

訓練範囲は地域のキャンプ森山によって管理され、65,000平方メートル以上の屋根のある施設です。

暴力犯罪がまれな日本では、銃器の所持が厳しく管理されています。

しかし昨年、いくつかの重要な出来事が全国を揺さぶった。

2022年7月前首相 安倍晋三 ~だった 銃殺 統一教会との連行をめぐって自分を標的としたと言われる男の選挙遊世から。

被告の暗殺者、 山上哲也金氏は今週初めて法廷出頭予定だったが、施設に送られた小包が金属探知機を作動させて裁判が取り消された。

後に爆発物ではなく、山上の寛大な宣告を求める何千人もの署名した請願書が含まれていることがわかりました。

統一教に対する母親の献身が家族と幼い頃に及ぼした影響について一部では意外な共感を得た。

去る4月、国務総理 岸田文夫 キャンペーンイベントで一人の男が自分に爆発装置を投げた後、無事に脱出した。

その事件は、日本が広島でG7首脳会議を主催する直前に起こり、強化された安全保障に対する要求を再び呼び起こした。

セキュリティ事故なしに合格した集会を保護するために、何千人もの警察が配置されています。

先月、東京西部の長野地域警察は一人の男を1時間ナイフと銃撃を加えた後、長期間対峙した末に拘禁した。

この男性は拘禁される前に警察官2人を含めて4人を殺害した。 彼は地元の市議会議長の息子であることが分かった。

READ  日本政府、米国電気自動車税控除の警告
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours