日本電力会社、より大きな戦略的緩衝液LNG要求

Estimated read time 1 min read

東京:先週の金曜日、日本の電力会社は、地政学的リスクの高まりによる供給支障のリスクが持続する中で、安定した燃料供給を確保するために、国家の戦略的液化天然ガス(LNG)バッファ(SBL)の量を増やすよう求めました。

中国次の世界で2番目に大きいLNGバイヤーである日本は、昨年のエネルギー危機以降、緊急事態が発生したときの不足分を補償するために、今年の新しいSBL制度を導入しました。

日本最高の発電機であるJERAは、SBLの公認サプライヤーとして暖房シーズンを準備するため、12月から2月まで毎月約70,000トンに達するLNG貨物1個を確保する予定です。

それにもかかわらず、池部和弘日本電力産業連盟会長は、日本のLNGバイヤー、生産者、貿易業者と産業部会議で安定したLNG供給を議論するために、物量の増加を考慮しなければならないと述べた。

同氏は、「日本のLNG全体の輸入量を考慮すると、大規模な供給停止の影響は相当だろう」と述べた。

彼は「従って、公共部門と民間部門がSBL規模を増やすなど、さらなる計画のために協力しなければならない」と話し、ウクライナ戦争が持続し、中東でイスラエル・ハマス紛争が続く中で地政学的リスクを指摘した。

JERAの旭秀奥田会長も、SBLに関するさらなる議論が必要だと述べた。

彼は「SBLの量と費用負担をどのように余裕があるかについての議論を深めるべきだ」と話した。

今年の冬の天然資源エネルギー庁庁長の村瀬吉文氏は、現在の燃料在庫レベルを考慮すると、即時電力梗塞のリスクはないと述べた。

日本の主要電力会社のLNG在庫は11月26日現在233万トンで、都市ガスサプライヤーの在庫は9月末現在240万トンで、どちらも5年平均より高いとMETIデータに現れた。

READ  日本、ベトナムホタテ加工注目
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours