日本革新の可能性の進化の旅| 専門家の視点 – 洞察 – 日本投資 – 日本貿易振興機構

Estimated read time 1 min read

Richard Dasherは、スタンフォード大学東アジア言語および文化副教授であり、スタンフォードアメリカ – アジア技術管理センターの長期取締役です。 彼は、イノベーションシステムにおける人、知識、資本の流れ、新技術の産業価値チェーンへの影響、オープンイノベーション管理の研究と教育に焦点を当てています。 彼は日本国立大学および研究機関の諮問委員として活動しています。 カナダと日本の科学、技術、革新のための主要政府資金プログラムの選定およびレビュー委員会に参加しています。 彼はシリコンバレー、中国、日本、韓国のスタートアップ、ビジネスアクセラレータ、ベンチャーキャピタル会社、非営利団体のアドバイザーです。 日本のイノベーションの現状と政府の役割についての洞察を得るために、ダッシャーと話し合った。 起業家的革新を促進する学界。

日本のイノベーションオデッセイ

Dasher氏は、イノベーションは「人間の存在の根本的な側面である。これは常にすべての経済の一部であった。 これを念頭に置いて、彼は日本のイノベーションストーリーを戦後の再建、高成長、現在の破壊的イノベーションの追求という明確な段階に分けます。

彼は、起業家精神を受け入れる若い世代とスタートアップとの協力を促進する既存の企業間の大きな変化を認識しながら、日本の革新が停滞したという概念に挑戦しています。 この目的のために、Dasherは「革新的な人々が企業革新にもっと参加し、会社を立ち上げ、新しいアイデアを試みている」という事実に喜んでいます。 彼は地元のイノベーションシステムを見て、「ある地域のさまざまな機関にまたがる人、資本、知識の流れは、成長のためにイノベーションを活用する持続可能なモデルを表しています」と続けています。

日本が絶えず卓越し革新している分野では、DasherはAI、ブロックチェーン、ハイテク素材の強みを強調しています。 ロボット工学とコンテンツ制作、特にアニメやゲームも日本のグローバルな影響力に貢献します。

イノベーションを育成するための日本政府の役割

起業家精神と大学の革新を促進する政府の政策は、エンジェル投資家に変身した成功した起業家の出現とともに、日本で触媒として役立っています。

Dasherは、イノベーションの育成における日本政府の重要な役割を認めています。 彼は、スタートアップが繁栄できる環境を作り出すために「規模を調整する」必要があると指摘しています。 法律や金融インフラの開発、財政的インセンティブを含む政府の計画は、すべてこの目的に貢献することができます。 日本はまた、すでに高水準の平均所得を保有している先進経済として革新を達成できるという利点がある。 Dasherは最近、TechStarsなどのグローバルアクセラレータとのパートナーシップを高く評価し、国際協力に対する日本の開放性を示しています。 しかし彼は「私はグローバル成功の観点から考えるシステムが心配される。時には日本市場にあまりにも焦点が合っている可能性がある。政府が日本市場への転換を認識することが非常に重要だ」と話した。 民間部門がそうすべきだ」

イノベーションエコシステムにおける学界の位置

学界に移ったダッシャーは、日本の大学内の考え方の変化を観察します。 彼は学術機関が研究の社会的利点を考慮するように促し、より広範なアプローチを主張しています。 したがって、スタートアップの分野では、学界と業界間の協力がより重要になっています。 Dasherは、大学がベンチャーキャピタル部門を通じてスタートアップに財政的に貢献していることを見て、革新に対するさまざまな声の必要性を強調しています。

Dasherの視線は、環境と人口の問題に対する日本の対応にも拡大しています。 彼は気候変動と人口老齢化を障害物ではなく、革新的なソリューションの触媒として見ている社会的認識を高めます。 技術力に対する日本の評判は、緊急な社会的ニーズに応えて画期的なソリューションを開拓する可能性と完全に一致しています。

そのためには、「一般に起業家教育プログラムだけでなく、日本のすべての技術プログラムで人々がこの弾力性を持つように準備するには、学生にビジネスコンセプトへの基本的な露出が必要です。問題を解決するには、将来の日本の次世代は全体的により多くのビジネス知識が必要です。」

Dasherは30年以上にわたり日本とアメリカの企業を研究し分析してきました。

外国人投資家の皆さん、注目してください

Dasherは外国投資家に電話をかけ、ベンチャー資本家に日本のダイナミックなスタートアップ環境を探求するよう求めた。 考慮すべき強力な産業には、エネルギー貯蔵技術、エネルギー伝送のための超伝導繊維、グリッドバックアップバッテリー、次世代自動車ソリューション、バイオテクノロジーエンジニアリング、高度な材料開発が含まれます。

この新しい機会は、高成長の可能性を持つベンチャーへの移行を意味し、世界の投資家が日本の繁栄する革新に参加できる絶好の瞬間になりました。 日本は、グローバルバリューチェーンに真に備える前に、これらのベンチャーを支援するために相当なインフラの構築が依然として必要であり、外国投資が核心になるだろう。

今日、日本のスタートアップは、新興デジタル経済をリードするための努力において、グローバル組織からこれまで以上に支援を受けています。 数値によると、2022年の日本のスタートアップに対する全世界投資額は8,770億円(約67億ドル)を超え、これは2012年の645億円(約5億ドル)より13倍以上増加した数値です。 Dasher氏は、「今日のプロセスを理解する起業家や初期段階の投資家が増えています。今、日本への投資を真剣に考える時です」と語った。

READ  新しいLords of the Fallenアップデートで、New Game Plusモードが揺れます。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours