日本食のためのカリフォルニアワイン生産

Estimated read time 1 min read
ワインメーカーの中村のり(Nori Nakamura)が、2023年11月28日火曜日、カリフォルニア州バークレーにあるノリアワイン(Noria Wines)で、ロシアンリバーバレー(Russian River Valley)のピノ・ノワールのグラスに従います。 新しいイーストベイワイナリーは、日本料理と調和したカリフォルニアワインを提供しています。ブロンテビートペン/年代記

10年以上にわたり、日本系アメリカ人ワインメーカーの中村紀(Nori Nakamura)は、珍しい計算に基づいてワインを作ってきました。 つまり、ワインとペアにしたい食べ物を想像してから、目標に合う可能性のあるブドウ園、地域、品種を探してスタイルを探してみてください。 あなたのワイン醸造の決定が一致するようにします。

しかし、ワイナリーと試飲室がないため、中村の単一のブドウ園のノリアワインはレーダーで大きく注目されていません。 (中村は元雇用主の施設に踏みつけられた。)

今、彼らは中村と彼のビジネスパートナーである柳井あつが8月にバークレーの「都市ワインエリア」に新たに追加されたバークレーの忙しいギルマンストリートの廊下の前にある小型倉庫に両方を持っています。あります。 ワイン缶やその他の貿易関連商品は、小規模産業空間の一端を占めています。 パートナーは金曜日から日曜日の反対側でワインに従います。

広告

この広告の下に記事が続きます。

コンクリートと金髪の木材が調和した周囲の環境は清潔で明るく、ワイン自体を反映しています。 ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネ、ピノ・ノワールなどを含むラインナップ全般にわたってジューシーな酸味が支配します。 白と赤のニュアンスは、果物の特性の品質に依存します。 いくつかは風味豊かなミネラリティの後ろに寡黙で、他のワインは豊富で進取的です。

ノリアワイン(Noria Wines)は、ウェストバークレー(West Berkeley)での座席の試飲を楽しめます。

ノリアワイン(Noria Wines)は、ウェストバークレー(West Berkeley)での座席の試飲を楽しめます。

ブロンテビートペン/年代記

中村の食べ物はいつも食べ物に関するものでした。 彼は日本でワインを勉強し、ホテルやレストラン業界で働いた。 しかし、彼が大切にする日本食文化のボウルであるサンフランシスコのホテル日光に訓練のために送られた時、彼は強烈なダイビングをしてナパとソノマワインに落ちました。 彼はここで最初の年に170のワイナリーを訪れました。

だから彼の目標は最初から少し破格的なものでした。 言い換えれば、日本料理と合うカリフォルニアワインを生産し、独自のユニークな料理文化に挑戦することでした。 中村氏は、「まずスタイルを念頭に置いて、それを生産するのに適したブドウ園(クローンや農業を含む)を見つけることは珍しいアプローチです」と認めました。

2022年4月22日金曜日、カリフォルニア州ソノマのアニモでお目見えするリップアイステーキ(料理前45日間乾燥熟成)
2020年2月19日水曜日カリフォルニア州サンフランシスコのUva Enoticaワインバーでは、ガラス瓶に赤ワインを用意しています。

広告

この広告の下に記事が続きます。

どのくらい珍しいですか? 彼の白ワインのモデルは、酒の構造と食感だったと彼は説明した。 Russian River ValleyのBevill Family Vineyardで生産された2021年のソーヴィニヨン・ブランの場合、明るく新鮮な錦鳥スタイルの酒でした。 金城と純舞のハイブリッドであるソノマ・サンヤコモブドウ園の2021年シャルドネは、より豊かで複雑ですが、まだ新鮮でバランスがとれています。

緑のハーブと活気に満ちた酸味が加味されたSauv Blancは、次期と野菜が調和し、活気に満ちた酸味が天ぷらと美しい対照をなす天然ワインだと彼は言いました。 丸いシャドーネーは、チャワンムシ、貝類、焼き鳥、卵を添えた牛肉すき焼きにも優れた箔です。

食べ物との相性を重視したノリアワインのワインラインナップ。

食べ物との相性を重視したノリアワインのワインラインナップ。

ブロンテビートペン/年代記

中村は、ロシアンリバーバレー(Russian River Valley)にあるウミノヴィンヤード(Umino Vineyard)からもたらされた、2021年の薄い霧のあるピノノアを通じて、醤油、酒、生姜スープに混じった鮭の味を想像しています。 Petaluma GapのSangiacomo Vineyardのわずかに豊富な2021年のピノは、豊富な魚や鶏肉から豚肉、牛肉まで、幅広い範囲を取り揃えています。 ワインのより甘く見える果物は、照り焼きも好きです。

最後に、モントレー東部のChalone地区のBrosseau Vineyardで生産された深く、風味豊かでミネラルが豊富で、わずかに塩分のある2020フィノはうま味特性を持っています。 これは、寿司、アヒル、牛肉と一緒に醤油、海藻、キノコと美しく接続されることを意味します。 。

広告

この広告の下に記事が続きます。

柳井は最近アメリカに到着しましたが、中村との縁は二人が大学で同じテニスチームに出演した約30年前にさかのぼります。 彼の道は、ウォルトディズニーとベンチャーキャピタルのように、異なる世界で働くことを含むビジネストラックでした。

ワインメーカーの中村のり(左)と彼のビジネスパートナーの柳井敦が、8月にバークレーに最初のノリアワインテイスティングルームを開いた。

ワインメーカーの中村のり(左)と彼のビジネスパートナーの柳井敦が、8月にバークレーに最初のノリアワインテイスティングルームを開いた。

ブロンテビートペン/年代記

数年前に時間が長くなり、YanaiはNoriaワインをより多くの聴衆に知らせ、拡大する余地を提供する方法に関する問題を解決するのに役立ちました。

Gilmanで偶然利用できる空間がその答えでした。 そして今、Yanaiは親会社の中村セラーのビジネス面を担当しています。 彼は週末にバーの後ろで仕事をしていない時です。

フィールド中心の透明で生きているノリアワインは、最新のトレンドを満たしています。 「新鮮な食材中心の日本食と同じ波長を持っています」と彼は言いました。 「しかし、イタリアントマトソースともかなりよく合います」

広告

この広告の下に記事が続きます。

ノリアワイン。 金曜日の午後3~7時、土曜日~日曜日の正午~午後6時。 725ユニットAギルマンストリート、バークレー。 noriawines.com

Sara Schneiderはフリーランスの作家です。

READ  日本の工場の生産は、ウイルス対策、経済ニュース、主要ニュースの中に加速
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours