日本首相、イランのイスラエル攻撃、葛藤高調強く糾弾

Estimated read time 1 min read

日本はイランのイスラエルに対する報復攻撃を「強く糾弾」し、これは中東をさらに不安定にする行為とみなすと岸田文夫首相が日曜日明らかにした。

最近、シリアの首都ダマスカスのイラン領事館への空襲が発生したことについて、イランが土曜日の夕方から翌朝までイスラエルに対する前例のない攻撃を加えた後、日本は「深く懸念している」と話しました。

岸田首相は米国旅行を終え、執務室で記者たちに「海外日本人保護を含め、関連省庁に情報を収集し、他の国との対応を調整するよう指示した」と話した。

イランが前日、イスラエルに向けてミサイルとドローンを発射した後、岸田文夫日本首相が2024年4月14日、東京執務室で記者会見を行っている。 (刑務所)

上川洋子外務相はこの日発表した声明で「日本は状況がさらに悪化するのを防ぐために必要な多様な外交的努力を持続するという新たな決議を表明する」と明らかにした。

イスラエル軍の広報担当者は、イランで200台を超えるドローンとミサイルが発射されたと明らかにした。 これはテヘランがイスラエル領土に対して行った最初の直接攻撃だ。

日本外務相は「中東地域の平和と安定は我が国にとって非常に重要だ」とし「関係当事者に状況を落ち着かせるよう促す」と話した。

中東の安保状況は昨年10月7日、イスラエル南部に対するハマスの奇襲攻撃で急激に悪化し、ガザ地区でイスラエルの持続的な攻撃が誘発され、現地保健当局者は33,000人以上の死者が発生したと明らかにしました。 。

最近の拡大は、イランが去る4月1日、ダマスカスにあるイラン領事館を爆破したことに対してイスラエルに対する報復を誓った後に出たものです。 この攻撃でイスラム革命守備隊最高司令官を含め、イラン将校7人が死亡しました。


関連プレス:

イラン、大使館攻撃報復でイスラエル攻撃

日本、国連パレスチナ難民機関UNRWAに資金を再開

追放されたイラン王族は政権交代を国が進む唯一の道とみなす


READ  日本首相の内閣支持率創党以来最低 - NHK
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours