トップニュース

日本首相、インド・太平洋安全保障議論のため来週、オーストラリア訪問

岸田文夫日本首相が来週オーストラリアを訪問し、インド太平洋地域で中国の軍事的野心が高まる中、防衛と安保を議論する予定です。

外交官は過去数日間の集中的な交渉の末、今回の訪問が決定されたと明らかにし、岸田とオーストラリアのスコット・モリソン首相は、2020年11月両国が原則的に合意した画期的な防衛協定である相互アクセス協定(Reciprocal Access Agreement)に公式署名することが期待される。

日本政府関係者は、防衛問題を含む地域安全保障が、両首脳間の協議において最優先課題となることを確認した。 訪問組織について説明した他の人々は、日本側もオーストラリアへの追加投資とサプライチェーンのセキュリティについて議論するために「制限された」貿易代表団を招待しようとしていると述べました。

オーストラリア訪問は岸田首相が去る10月首相に就任して以来初の海外首脳会談だ。 彼は10月からイギリスで開かれるCop-26会議に出席し、もともと米国大統領を公式訪問する初の外国指導者にし、日本指導者たちの長い伝統を続ける計画だった。

RAAの予想署名は、東京、キャンベラなどがより独断的な中国に対応し、多くの国防アナリストが台湾海峡をめぐる葛藤リスクの増加と見ているアジア太平洋地域の軍事および外交緊張の高まりを背景にしています。 。

「オーストラリアは日本と同様にクアッド加盟国です。 [together with the US and India] 日本政府関係者は「中国と貿易紛争がある」と話した。

2020年11月、オーストラリア政府の発表によると、日本の自衛隊とオーストラリア防衛軍の協力増進を目指すRAAは、軍隊の配置を「より迅速かつ少ない管理で」許可します。 日本とこのような協定を締結した国家は米国に続いて二番目だ。

この取引は、キャンベラが9月に米国およびイギリスと広範な防衛同盟を結ぶことにした決定に続き、この地域で中国の野心に立ち向かうために考案されたものです。

今週初め、日本の管理者は、日本と中国の国防総省が2時間電話をかけた後、両国間の海上と空で発生する可能性のある潜在的な通信危機を軽減するために軍事ホットラインを設置することに合意したと報告しました。

READ  林前国防長官、日本外務相候補を検討

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close