トップニュース

日本首相、ドイツの指導者に「慰安婦」像の撤去を助けるように依頼

岸田文夫日本首相がベルリンで日本軍慰安所で韓国人「慰安婦」を象徴する銅像を撤去する過程でオラフショルツドイツ首相に助けを要請したと政府広報担当者が水曜日明らかにした。

松野博和官房長官は、岸田とショルツが4月末に東京で会ったとき、このような要請があったと明らかにしました。

日本と韓国の関係は、1910-1945年に日本の朝鮮半島植民地化に遡る問題によって乱れてきました。 例えば、日本軍のために展示売春店で働くよう強制された韓国女性たちの問題があります。

2020年11月23日に撮影されたファイル写真は、日本の展示軍事売春のために調達された韓国女性を象徴するベルリンの像を示しています。 (刑務所)


関連する適用範囲:

日本、ベルリン地区「慰安婦」像増築デモ

日本、ベルリン地区「慰安婦」像維持決定の残念

ベルリン、「慰安婦」の像は当分の間維持


ベルリン中央ミーテ地区の像は、地方当局が1年間の設置を承認した後、2020年9月に建てられました。 その後、承認がさらに1年延長されました。

松野首相はブリーフィングで「首相は慰安婦像が残っていることを非常に残念に思って、ドイツ側で再び協力を要請した」と話した。

続いて「各種関係省庁に接近し、韓国政府の立場を執拗に説明し、早急な撤去を促すだろう」と話した。

ショルツは12月に首相になった以来初めてアジア国家として日本を選んだ。 彼は4月28日、岸田と会って安全保障関係を深め、ウクライナ事態について議論した。

READ  ファクトボックス:岸田前外相が政権与党の代表となる。 何今後の計画?

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close