理科

日本首相、ファイザーCEOとスピードワクチンブースターの議論

日本首相岸田文夫(Fumio Kishida)は、金曜日、日本最大コロナ19ワクチンサプライヤーと話し合い、追加接種プログラムを加速すると報道した。

松野博和日本政府の広報担当者は、岸田とファイザー兼CEOのアルバート・ブラーとの会談を確認し、首相が金曜日の夜遅くに自分の計画を説明すると述べた。

政府は政府の消息筋を引用し、政府がワクチンの輸入を加速し、最初の2回の接種と追加接種の間の時間を8ヶ月から6ヶ月に短縮したいと報じた。

コロナ19の確定者が8月のクリティカルを飛ばして以来急激に減ったが、日本で空港検疫および検疫過程で30回以上発見されたオミクロン変種に対する懸念が高まっている。

日本は来年ファイザーでワクチン1億2000万ドーズを受けることに契約し、今月現在約1600万ドーズを保有している。 木曜日、政府はこれまで人口の0.1%に過ぎないブースタープログラムのためにModerna IncのCOVID-19ワクチンを公式に承認しました。

比較的遅く始まった日本は、人口のほぼ80%に完全に接種され、これはG7諸国の中で最も高い数値です。

後藤浩之後生は、先週最初の2回の注射で8ヶ月の遅延を維持するのではなく、できるだけ早くブースターを投与する必要があると述べました。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  地球のもう一つの月 "ミニドア」再び。 今回は人工物の地図| sorae宇宙のポータルサイト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close