理科

日本首相、中国・北朝鮮の脅威に防衛力強化軍事ニュース

岸田文夫首相は、日本周辺の安全保障状況が急速に変化しており、これまで以上に深刻だと述べた。

岸田文雄日本首相が中国と北朝鮮の脅威が大きくなる中、日本を保護するために敵の基地攻撃能力を確保するなど、すべてのオプションを考慮するという公約を再確認した。

岸田大統領は土曜日初の部隊検討で北朝鮮が能力を向上させながら弾道ミサイル試験発射を続け、中国が軍事力を追求するなど地域安全保障状況が急変しており、「現実がこれまで以上に厳重だ」と話した。 この地域で構築し、ますます積極的な活動。

岸田首相はオリーブ色の投球と制服を着た数百人の地上自衛隊員に開かれた演説で「必要な防御力強化のため、いわゆる敵基地攻撃能力を保有するなど、すべてのオプションを考慮するだろう」と話した。

去る10月に就任した岸田司令官は土曜日、東京北部の​​朝香駐屯地で開かれた自衛隊部隊検証で初めて最高司令官を務めた。 国防部によると、約800人の兵力が査察のために集まった。

「日本を取り巻く安全保障環境は、前例のない速度で急速に変化しています。 SF小説でしか起こらなかったことが今日の現実です」とKishidaは言いました。 彼は政府が人々の命を守り、理解を得るために必要なものを決定するために「静かで現実的な」議論を導くと述べた。

いわゆる敵の基地攻撃能力を保有する可能性は、反対者が日本の戦争放棄憲法に違反すると言うため、分裂的な問題でした。

岸田首相は安倍晋三元首相をはじめ与党内の影響力のある指導者たちを喜ばせ、権力掌握を強化するために鳩波的立場をさらに売派的立場に変えた。 彼は今、日本の軍事能力と支出の増大を擁護しています。

追加防衛予算

金曜日の岸田内閣は、中国とロシアの軍事活動の拡大に対する懸念が高まる中、ミサイル、対潜ロケット、その他武器の購入を促進するために、3月までに7,700億円(68億ドル)の追加防衛予算要請を承認しました。 そして北朝鮮。

依然として議会の承認を待っているこの要請は追加防衛予算に対する記録であり、今年の日本の軍事支出は2020年より15%増加した6兆1000億円(532億ドル)以上で史上最高値を記録します。 合算予算 2021年には日本国内総生産(GDP)の1%をやや上回る水準となり、これは慣例的な上限を維持します。

岸田首相は、悪化する安全保障環境に対処するために日本の軍事費を2倍に増やす容疑があると述べた。 批評家はまた、日本が世界で最も急速に高齢化し、人口が減少する国として、医療や他のサービスにもっとお金を割り当てる必要があると述べています。

兵士4,000人、車両200機以上、戦闘機数十台を含む過去の兵力検討と比較して、土曜日の行事は、正規の兵力活動への影響を最小限に抑えるために大幅に縮小されたと関係者は述べました。

パレードや公開観覧はなく、オンラインイベントには9台のタンクやその他の車両のみ参加しました。

READ  初期covid変種の構造的変化が警報を誘発します。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close